Windows7 システムイメージからの復元

Windows 7で作成したシステムイメージを復元するには、主に2通りの方法があります。

Windowsが起動している状態なら、Windows上から行えます。起動しない場合はシステム修復ディスクから復元することができます。


通常起動時からの復元

スタートメニュー→すべてのプログラム→メンテナンス→バックアップと復元。

バックアップと復元

システム設定またはコンピューターの回復。

回復

高度な回復方法。

高度な回復方法

以前に作成したシステムイメージを使用してコンピューターを回復するを選択します。

以前に作成したシステムイメージ

ドライブ全体が、システムイメージを作成した以前の状態に戻りますので、システムイメージ作成時以降のデータやプログラムはすべて消えますので、必要なデータがある場合はバックアップを取るようにします。スキップで進みます。

スキップ

再起動をクリックすると、パソコンが再起動します。

再起動

パソコンが再起動して作業の続きを行います。そのまま次へ。

次へ

(ここからの作業はシステム修復ディスクを使用した場合も同じです。)
システムイメージを選択します。通常は最新のシステムイメージで復元します。複数のシステムイメージ(差分バックアップ)などがある場合は、日付毎に選択できます。

システムイメージの選択

そのまま次へ。

そのまま次へ

確認画面です。完了をクリック。

確認画面

データが消えることを最終確認しています。はいをクリックするとシステムイメージの復元が始まります。

システムイメージの復元

復元は自動で行われます。無事に終わったら以前システムイメージを作成した時の状態でパソコンが立ち上がってきます。

パソコン起動

システム修復ディスクからの復元

予め作成しているシステム修復ディスクを光学ドライブに入れます。

パソコン電源投入後、メーカーロゴが出た次に下記メッセージが出るので、キーボードのキーを何か一つ適当に押します。

下記画面にならない場合、BIOS等でデバイスの起動順位を変更する必要があります。

ディスク起動画面

次へ

次へ

しばらく待ちます

待機

以前作成したシステムイメージを使用して、コンピューターを復元します。を選択して次へ。

コンピューターを復元

システムイメージを選択します。ここからの作業はWindows上からの復元作業と全く同じになります。

イメージの選択


関連情報