メールアカウントのインポート方法

バックアップしたメールアカウントのインポート方法です。

Outlook Express、Windows メール、Windows live Mail、Windows live Mail 2011での方法になりますが、同じWindows標準のメールソフトということもあり、操作方法はほとんど同じです。

メールアカウントのバックアップファイルは、OE→WIndowsメール、Windowsメール→Windows Liveメールなどメールソフトが違ってもインポートできます。

メニューバーのツール→アカウントへと進み、バックアップしたメールアカウントの iafファイルをインポートします。


Outlook Express

ツール→アカウント。

ツール

メール→インポート。

メール

バックアップしている 拡張子 iafのファイルを指定して開く。

iafファイル

インポートされました。メールの設定情報もそのままなのでそのまま使用することができます。

インポート

Windows メール

ツール→アカウント。

ツール

メール→インポート。

メール

バックアップしている 拡張子 iafのファイルを指定して開く。

iafファイル

インポートされました。メールの設定情報もそのままなのでそのまま使用することができます。

インポート

Windows live Mail

ツール→アカウント。

ツール

メニューバーが表示されていないとツール→アカウントへ進めませんが、下記の場所でメニューバーの表示・非表示を切り替えることができます。

メニューバー

インポート。

アカウント

バックアップしている 拡張子 iafのファイルを指定して開く。

iafファイル

インポートされました。メールの設定情報もそのままなのでそのまま使用することができます。

インポート

Windows live Mail 2011

左上メニューボタン→オプション→電子メールアカウント。

オプション

インポート。

インポート

バックアップしている 拡張子 iafのファイルを指定して開く。

iafファイル

インポートされました。メールの設定情報もそのままなのでそのまま使用することができます。

インポート


関連情報