内蔵のセカンドドライブにバックアップする

パソコンには通常 SSDやハードディスクが1台搭載されています。

1台のSSDやハードディスクがパーティションで分割されて、CとやDに分かれて2つのドライブが見えることもあります。

ただパソコンによっては、ハードディスクを2台もしくはそれ以上搭載していることがあります。また出荷時は、2台めのハードディスクが搭載されてなくても、増設して使用できるパソコンというものもあります。

このような2台目のドライブ、セカンドドライブというのは、バックアップ用のドライブとして使うことができます。

例えば 自作パソコンやBTOパソコンでは ドライブを複数搭載されているものがあります。

SSDが、Windowsがインストールされているドライブ、システムドライブで、HDDがデータ用のドライブというような使い方です。

自作パソコン自作パソコン。SSD(上)+HDD(下)。


メーカー製のデスクトップパソコンやノートパソコンでも、複数のドライブが搭載されていたり、増設して使用できることがあります。

ノートパソコンノートパソコン。SSD(右)+HDD(左)。


ノートパソコン2ノートパソコン。SSD(右)+SSD(左)。


このようなパソコンでは、ドライブが以下のように表示されます。

ドライブ

パーティションによる分割である論理的なドライブではなく、複数の物理的なドライブになります。

1つのハードディスクを論理的に分割したドライブでは、CもDも同じハードディスク上にあります。そのため、Dにバックアップを保存しておいたとしても、ハードディスクそのものが壊れた場合 CもDもデータが復元できなくなる可能性があります。論理的なドライブの間では、厳密にはバックアップになっていないということです。

一方、物理的なドライブは、USBメモリーや外付けハードディスクと同じ考え方にであり、Cのドライブが壊れても、Dドライブに保全されている可能性は高くなります。

増設

もともとドライブが2台以上搭載されているなら、そのままバックアップ用として使うことができます。

増設して使う場合は、前提条件として そのパソコンが複数ドライブ搭載可能かどうか?ということがあげられます。もし搭載可能であるなら 増設は比較的簡単に行うことができます。

中古のハードディスクや手持ちの余っているハードディスク、システムドライブをHDDからSSDにしたが、もともと使っていたHDDを活用したいというときに、セカンドドライブとして増設して使うということもあります。

また必ずしも決まった使い方があるというわけではなく、Cドライブの容量が大きくなり、データのおき場所として使う、ダウンロードフォルダなどの場所として使うということもあります。