変更・追加分のバックアップ

イメージバックアップは、一度行えばそのバックアップから復元することができます。

しかし、バックアップしている Cドライブは、時間が経つと Windowsアップデートやソフトウェアの追加、データの変化などが出てくるものです。

そこで一度作成しているイメージバックアップに、変更分や追加分を加えるバックアップを行うことがあります。

これが、増分バックアップ、差分バックアップになります。

増分バックアップ

増分バックアップというのは、初回のバックアップから増えた分をバックアップすることです。

例えば、7/10に初めてイメージバックアップを行ったとします。このような初回のバックアップを、フルバックアップともいいます。この時点で、WindowsやCドライブは、バックアップができています。

増分

次に7/20までにパソコンでソフトをインストールしたりデータが増えたとします。ここで増分バックアップを行います。変更したソフトや増えたデータなどが反映されてバックアップされます。

次に7/30にデータが増えて Windowsがアップデートされたとします。ここで増分バックアップを行います。7/20からさらに変更された分が反映されてバックアップされます。

7/30の時点では、フルバックアップのファイルに加えて、2つファイルが追加されていることになります。

増分バックアップというのは、初回のバックアップイメージを上書きするというものではなく、変更点や追加分だけをバックアップします。

そのため、バックアップにかかる時間も短いといえます。

差分バックアップ

差分バックアップというのは、初回のバックアップとの差をバックアップすることです。

差分

増分バックアップのように、ある時点からある時点のように積み重なっていくようなものではなく、バックアップの度に初回のバックアップからの変更分をとることになります。

日数が経過いしたり、バックアップ回数が増えるほど差分バックアップのファイルの容量が大きくなっていきます。バックアップするたびに、差分バックアップのファイルが作成されます。

増分バックアップと比較すると、日数が経つほどファイルが大きくなるため、バックアップにかかる時間が長くなる可能性があります。

復元

例えば、7/30の状態にパソコンを戻そうと思ったら、増分バックアップでは、初回バックアップのファイルも含めて全部で3つのファイルが必要です。それに対して、差分バックアップは、2つのファイルで復元ができます。

復元時

増分バックアップを10回行えば、初回バックアップ+10個のファイルが必要です。一方 差分バックアップでは、10回行なって 10個のファイルがあっても、初回バックアップとその時点の差分バックアップのファイルがあれば復元できることになります。

イメージバックアップのソフトウェアで実際に復元を行う場合は、基本的に増分や差分のひとつのファイルを指定します。増分であればそのファイルから遡って必要なファイルと初回のバックアップが自動的に選択されます。差分であればその差分ファイルと初回のバックアップが選択されます。

一部のソフトウェアでは例外も考えられますが、概ね増分か差分のファイルをひとつ選べば復元が始まるようになっています。

バックアップ時間が短い、管理しやすいという点で、差分バックアップより増分バックアップのほうが使われる傾向にあります。