無線キーボードを使ってみる

ロジクールの無線キーボード k360を使ってみました。

キーボードは、無線にする必要性というにはあまりないかもしれませんが、デスクトップ(机上)の配線などが気になる時や、デスクの上をもう少し整理したい、少しでも広々と使いたい、デスク上でパソコン以外の使用用途がある場合はオススメです。

いろいろ無線キーボードがある中で、Logicool 無線キーボード k360を使ってみることにしました。

Logicool k260

箱を開けると、キーボードとUSBレシバー。マニュアルも一応入っています。

箱の中身

こういうキーボードです。

キーボード

斜めから

標準的なキーボードに比べるとややコンパクトで省スペースな設計です。

コンパクト設計

電池は初めから2本入っています。約36ヶ月の電池寿命だそうです。

電池

USBレシーバーを収納する部分があるので、キーボードの持ち運びや移動の際に役立ちます。

USBレシーバーの収納

接続は簡単

USBレシーバーをパソコンのUSBポートに接続します。

USBレシーバー

電源スイッチをONにします。

電源スイッチ

特にドライバーなどをインストールしなくても、この時点でキーボードがすぐに使えるようになります。

ややコンパクトで省スペースな設計に加えて、キーボードのキー同士には間隔があるのが特徴です。キーそのものも少し小さめでではないでしょうか。

キーは浅めで軽く打てる感じです。

キーの間隔

キーボードの使いやすさというのは、その人その人で異なるので一概にはいえませんし、このキーボードが誰にとっても「とても使いやすい」というわけではないと思います。

使ってみた印象としては、左側の Tabキー、Shiftキー、そしてスペースキーが非常に使いやすいというのがあります。

Tabキーは、Google日本語入力を使っていると頻繁に使用するのですがこれがとても操作しやすいです。Shiftキーも同様です。

スペースキーはなかなか絶妙なポジションにあります。自然な形でスペースキーを押せます。

キーボードのキーの間隔が少し空いているのも、キーの誤入力・同時押しが多いという人にはいいかもしれません。

はじめに多少違和感があったとしても、慣れてくると快適になってきます。

Logicool Unifying

Logicool Unifyingというのは、1つのUSBレシーバーで最大6つまでの機器を無線で接続できる機能です。

1つのUSBレシーバーがあれば、キーボードもマウスも接続できるということですね。

ここでは、k260の無線キーボードを付けたのですが、このUSBレシーバーを使って 同じLogicoolの無線マウスも接続してみました。

Logicool 無線マウス M325です。もともとこれにもUSBレシーバーは付いているのですが、それは使わずに接続できます。

Logicoolのサイトで、Logicool Unifying Softwareをダウンロード・インストールします。

サポート&ダウンロード→対象機種からダウンロード画面に進みます。

ダウンロード

ダウンロード後インストール。

インストール

ウィザード画面になります。

ウィザード画面

接続したいデバイスの電源をONにするよう画面が出ます。

電源ON

ここでマウスの電源をONにします。

マウスの電源

マウスの動作が確認できたら、はい→次へ。

次へ

これで1つのUSBレシーバーで無線キーボード・無線マウスを使うことができます。かなり単純な作業になります。

設定終わり

配線がないというのもなかなかいいですね。すっきりした感じがあります。

配線がないデスク上

使わないときは、キーボードとマウスのスイッチをOFFにして壁側に立てかけたり、端に寄せておくことができますね。これも無線ならではです。

キーボードとマウス

パソコン専用デスクなどを使用していれば、有線のキーボードやマウスというのはあまり気にならないのですが、パソコン以外でもデスク上で使用用途がある場合、例えば書類を広げたり、本を読んだり、なにか作業したりなどの場合は、キーボードやマウスは明らかに場所をとっているだけという時があります。

無線キーボードやマウスは他にもいろいろなメーカー・種類があります。

Amazon キーボード・マウス・入力機器のベストセラー

今回使用した k360

デスクをパソコン以外でも使用するという場合は、キーボードとマウスを無線にすることで、デスク上を快適に活用できると思います。






コメントを残す



サブコンテンツ