SONY VAIO Type V HDD交換・メモリー増設

今回はSONY VAIO Type VシリーズのHDD交換・メモリー増設までの解説です。Type Vにもいくつか形状や型番がありますが、この解説でそのまま参考にできるのは、VGC-V201、V174B、V171B、V171、V151などでの型番です。VGC-VA202DB、VA202RB、VA202Bは若干筐体が異なります。しかしながらHDDやメモリーの場所は類似していると思いますので、多少は参考になるかと思います。なおHDD交換までの難易度は普通です。特に難しいわけではありません。

VGC-V174Bです。ワイヤレスのマウスとキーボード。TV機能搭載。外部から配線や端子が極力見えないように設計されていて、SONYらしいシンプルでこだわりのあるデザインです。

VGC

Type Vの分解は背面のカバーを外すことから始まります。上に持ち上げてみてください。そして適当に左右上下に動かしていると外れます。このあたりは説明書にも記載されていると思いますので、うまくできなかったらそちらをどうぞ。

背面のカバー

早速メモリースロットにお目見えします。SONY VAIOの魅力はやはりメモリーの増設による高速化です。デフォルトでは512MBが一枚というのが多いようなので、あと512MB追加して1GBにするか、可能なら最大搭載量までメモリーを増設することをお勧めします。Type Vは、型番によりメモリーの種類は異なりますが、VGC-V201、V174B、V171B、V171、V151は、DDR400(PC3200)のメモリーです。VGC-VAからの型番はDDR533(PC4200)のメモリーです。詳しくはメモリー増設にて。

メモリー

さて次はHDDを目指します。土台の部分のネジ12本を抜きます。このネジはすべてのネジが大きさが同じというわけではないので、どこにどのネジがあったか覚えておくようにしましょう。すべてのネジを外したら土台をとるのですが、青矢印の先に爪がありますので、ゆっくり慎重に構造を確認しながら取り外してください。

土台

赤枠のネジ2本、青枠のテープをはがして、鉄板を外します。

鉄板

ハードディスクが見えます。しかしまだ取り外すことはできません。

ハードディスク

写真にあるように左右のネジを1本づつ抜きます。

左右のネジ

反対側も同じように。

反対側

そして覆っている白いカバーを取ります。土台は動くのですが、地面と垂直に向けるとカバーは取れやすいかと思います。

白いカバー

赤枠のネジ2本を抜きます。

ネジ2本

外側のテープをはがします。すべてはがす必要はありません。

外側のテープ

テープを途中まではがすと、アルミのカバーを取り外しましょう。

アルミのカバー

HDD近辺です。上からの写真です。テープをはがします。

HDD近辺

IDEコネクターと電源を外します。分解のなかでもここは慎重に行いましょう。

IDEコネクターと電源

赤枠のネジ4本、青枠のテープをはがします。

ネジとテープ

HDDをスライドさせることで、取り外すことができます。ハードディスクはIDE接続です。

HDD取り外し

HDDを交換したら元のようにネジをするのですが、HDDをドライバーなどで持ち上げるとネジをしめやすいと思います。あとは手順を逆にして元通りに組み立てていきます。

ドライバー

土台を元通りにするときですが、ネジはネジ穴が向こう側にありますのでそれにあわせてしめるようにします。HDD交換・メモリー増設までの分解は以上です。

土台のネジ






コメントを残す



サブコンテンツ