Toshiba AX/940LS 分解

Toshiba DynabookのAX/940LSを分解してみました。

他に類似型番と思われる機種は、AX/740LS、AX/840LS、AX/745LS、AX/730LSなど。ToshibaのAXシリーズ、TXシリーズで筐体のデザインが似ているなら、分解の方法は近いと思われます。AX/53C 分解も参考にされてください。

Toshiba Dynabook AX/940LS。分解難易度はやや高めです。カバーなどの接点に爪が多用されています。また何箇所かケーブル類の取り外しも必要になります。

Toshiba AX

底面のバッテリーを外します。なお青枠がHDD、緑枠がメモリー。HDDはSATA、メモリーはDDR2のPC-4200が使用できるようです。対応メモリは型番によって異なりますので、メモリ増設を参考にされてください。

キーボード上のカバーを取り外していきます。

液晶ヒンジのところにマイナスドライバーを入れたりして進めます。

このカバーには爪があります。緑枠がキーボードにかかっているので、カバーが取り外しにくくなっているので、必要に応じてキーボードとカバーの間にマイナスドライバーなどを入れて爪を解除していきます。

2箇所のネジを外します。

キーボードを裏返し、ケーブルを取り外します。両端の黒いプラスチックを上に上げてケーブルのロックを解除します。あまり力を入れすぎると黒いプラスチックそのものが外れてしますので慎重に行います。

キーボード

3箇所 ケーブルを外しておきます。これもつまみを上にあげてロックを解除するタイプです。他に2箇所ケーブルが接続されているところも外せるようなここで取り外しておきます。

液晶ケーブルも外しておきます。マイナスドライバーなどを使用すると比較的簡単に外すことができました。

液晶ケーブル

底面のネジを外します。ネジの種類は3種類ですが、3本だけ大きさが違うだけなので難しい作業ではありません。

メモリースロットのあるカバーを外して、無線カードのケーブルをはずしておきます。右が黒、左が白。ケーブルは基盤中央の穴から出てきています。できるだけ基盤のほうにケーブルを寄せておきます。

無線カード

液晶を固定しているネジを左右2箇所 外しておきます。

本体カバーを外していきます。右下か左下から進めていくといいかと思います。爪がかかっているので、黒のカバーを外側に力を入れながら外していくのがポイントでしょうか・・勢いを入れすぎると、バリバリッと白いカバーが一気にはずれるので注意が必要です。





白いカバーを外す時は、無線のケーブルと他に2箇所のケーブルに注意です。無線ケーブルは底面にいってるので穴から引っ張り出します。

本体と液晶の分離に成功です。

CPUファンは2本のネジとケーブル、粘着テープなどを外すと取り外すことができます。

取り外したCPUファン

CPUファン

コンニャクみたいなのが見えますが、これは埃のかたまりです。取り除きます。AXシリーズはCPUファンの下に通気の穴があるのですが、底面からどうしても埃が入り込むようになってるのでしょうか・・・。底面から吸い込まれた埃がヒートシンクで堆積しています。

ヒートシンク

AXシリーズの分解は以上です。作業が済んだら組み立てていきます。

組み立て時、少々てこずるのが一番初めに外したキーボード上のカバーです。爪があるのですが、どちらかというと液晶側の爪からはめていき次にキーボード側をマイナスドライバーを使用してはめていくという方法がいいのではないかと思います。液晶側がきちんとはまっていないとカバーが浮き上がった状態になります。

温度・熱対策

Toshioba DynabookのAXシリーズは、以前AX/53C 分解でも解説しましたがCPUファンやヒートシンクに埃がたまり電源が落ちる、ファンの音がうるさい、温度があがるなどの症状が出てきます。

これを解決するには分解してヒートシンクの埃を除去するという方法しかありません。

分解前。HwmonitorにてACPI TZCRがCPU温度と思われます。通常時で60℃を超えているので明らかに高温です。

分解前

分解清掃後。45℃前後に落ち着き、FANの音もほとんどしなくなりました。

分解後






“Toshiba AX/940LS 分解” への7件のフィードバック

  1. なた より:

    キーボードを外した時に一緒に黒いプラスチックを外してしまい付けられなくなってしまいました泣 どうすればいいでしょうか

  2. admin より:

    先ず 黒いプラスチックが付いていると仮定して
    ケーブルをしっかり垂直に下までさして

    その後、黒いプラスチックを当てて押し込むという方法はどうでしょうか

    破損状況にもよりますが、
    キーボードを固定するプラスチック製のものは
    一度とれても、再度付けれる場合もあります。

  3. 藤棚 より:

    手順どおりやってみたら無事にできました。
    有難うございました!

  4. 所有者 より:

    分解と組み立ての所要時間はそれぞれどのぐらいでしょうか。

  5. admin より:

    慣れていると1時間もかからないと思いますが、
    この機種はやや難しい・複雑だったのを覚えています。

    どちらかというと安全に問題なく分解・組み立てできるかのほうがポイントになります。

    分解はあまりおすすめできるものではありません。

  6. 所有者 より:

    admin様
    お忙しいところ返信いただきありがとうございました。
    cpuファンのホコリを取りたいのですが、分解は難しいとのことなので、
    もう少し検討します。

  7. ゆう より:

    CMOS解除のためにボタン電池探したけど見つかりませんでした。
    くやしい。。。
    分解自体は記述の内容で簡単にできました。
    ありがとうございました。

コメントを残す



サブコンテンツ