FMV-A6280 分解

Fujitsu FMV-A6280を分解してみました。

FMV-Aシリーズは、型番によって液晶の大きさや仕様が異なります。FMV-A6280は、FMV-A8280と筐体がほぼ同じではないかと思います。ともに液晶は15.6インチです。ほかにFMV-A6240、A6250、A6255、A6260、A6270、A8260、A8270などありますががこれらは液晶が15.4。A8290は液晶が15.6ですがA6280と同じデザインかどうかは微妙なところです。

Fujitsu FMV-A6280。分解は一部記憶をたどりながらになります。完全ではないところもあります。また他のFMV-Aシリーズでも多少は参考になるかとは思います。

赤枠がメモリ、青枠がハードディスク。メモリーは最大まで増設すると快適に使用できると思います。メモリ増設を参考にどうぞ。

キーボードの取り外しは、キーボード上のカバーを外すことで可能です。

カバーは端からマイナスドライバー等を入れると取れやすいかと思います。爪がかかっているので無理に取り外すと壊れますので、左右にスライドさせながら。

キーボードをひっくり返します。

タッチパネルケーブルとキーボードケーブルを外します。

底面のネジを外していきます。ハードディスクもマウンタごと外します。ネジの大きさはほとんどの箇所で同じ形のものが使用されています。形状の違うネジは数本です。どこに使用されていたか後で分かるようにしておきます。

光学ドライブを取り外しておきます。

外部モニタ端子のネジ2本を外します。

液晶接続部分の爪を解除します。

カバーを取り外す時は、外部モニタ端子が引っかかると思います。この場合、マイナスドライバーなどを使用します。

マザーボード。どういうふうにしたか覚えてませんが、マザーボードの取り外しも簡単にできます。

液晶は本体と180度にして、ケーブル類を外し、ヒンジのネジを外すと取り外しやすいのではないかと思います。

取り外した液晶。液晶の交換もこの分解方法で行うことができます。






“FMV-A6280 分解” への3件のフィードバック

  1. ohno より:

    参考になるのであれば貴方の資料にして下さい、小生FMV-A8290を所有、キーボドキャップ2個を損傷、交換のキーボードを入所し、交換作業に入ろうとすると何処を探してもFMV-A8280までは詳細な分解の掲示がありますが小生の機種のキーボードの最初の外し箇所が判らず困りました、探索の結果他の物とは違ってヒンジ部分のネジを外しそのカバーを外してデスプレイを本体と水平まで倒し、キーボードからデスプレイ寄りの(状態表示LED、電源ボタン)の付いているパネルと共に付いているデスプレイヒンジ部分2箇所を垂直に引き上げますとこの部分が外れます、次にキーボードを少し持ち上げつつ左右に動かしながら引き出しますと、すんなり取り出せます 以上。

  2. Mori より:

    大変参考になりました。
    私はFMV-8280をHDD→SSDとCPUをCeleron→Core2に入れ替えましたが、ほぼ同じ手順で交換し快適にWindows7が稼働しています。
    Windows10も普通に動くのではないかと言うほどのハイパフォーマンスマシンに一新しました。
    貴重な情報ありがとうございます。

  3. admin より:

    Fujitsuのこの機種はわりとよく見かけるモデルで、おそらくSSDも使えるだろうとは思っていたのですが・・
    記事がお役にたてて何よりです。

コメントを残す



サブコンテンツ