CF-R3 HDD交換・メモリー増設

今回解説するのはレッツノートのCF-R3の分解(HDD交換・メモリー増設まで)。CF-R3はCF-Wシリーズに比べて、本体がひとまわり小さくなっています。

レッツノートの分解のなかでもCF-R3はCF-Wシリーズなどに比べるとそこそこ簡単です。しかしながら油断は大敵で、単純なミスや失敗が大きなダメージとなることもあるので、分解は慎重に行うといいかと思います。

レッツノート CF-R3。リカバリーディスクはないタイプ。HDD格納型です。なのでCDやDVDといった光学ドライブも塔載されていません。パソコンが正常に起動する時に、Acronisなどでリカバリー領域を作成しておくか、HDDイメージを抜き出しておくといいかと思います。

CF-R3

まず裏返しにして、バッテリーを抜きます。そして赤丸のネジを抜きます。メモリー増設は青いカバーを外すだけです。増設については、メモリー増設を参考にしてください。HDD交換の場合は青いカバーを外す必要がないのでスルーして構いません。

メモリー増設

ネジを外す際は、どのネジがどこに付いていたか後で分かるように、ガムテープなどを使いポジション別に整理しておくといいです。レッツノートは似たようなネジでも微妙に長さが違うネジが使われていたりするので、本来あるべきところにそのネジが付いていないとおかしなことになります。

112503

次にバッテリーのところにある金具の板を外します。

金具

金具と本体の間の溝や隙間にマイナスドライバーを入れ、外側に少しづつ力を加えると外れていきます。

マイナスドライバー

CF-R3は、これらの作業でキーボードが取れます。キーボードは爪や両面テープで固定されていないので、簡単に取ることができます。CF-R3の特徴的なところです。

キーボード

キーボードを裏返したところ。

裏返し

キーボードを完全に取り外すため、コネクターを緩める必要があります。これはほとんどのノートパソコンで共通のことで、コネクターの溝にマイナスドライバーを入れ、軽く回転させるか、外側に力を入れるかすればうまく外れます。

コネクター

次に青丸のゴムカバーと銀色のパネルを取り外します。ゴムカバーはマイナスドライバーなどで、銀色のパネルは手で取ることができます。

ゴムカバーとパネル

ゴムカバーは後で再度付け直すので、取っておきます。

ゴムカバー

CF-R3のマザーボードを覆っているカバーを外すため、青印のネジと赤印のネジを外します。ちなみに赤印のネジはすべて同じ大きさです。

マザーボード

ネジをすべて外したら、カバーをゆっくりと持ち上げて外す。タッチパットのケーブルは付いたままなので気を付けること。もしカバーを完全に外す場合は、キーボードと同じようにタッチパッドのケーブルも外しておくといいです。

カバー

ハードディスクは、マザーボード側からのHDDコネクターとつながっているので、HDD交換の際はこれを取り外す必要がある。ゆっくりと全体に力を加えながらHDDとHDDコネクターを分離させる。あとは新しいHDDに付け替えて、カバーやネジを付けていく。なおCF-R3のHDDは3.3V仕様です。

HDD交換

ネジやカバーを元に戻す時の注意点をいくつかあげておきます。まずHDDは綺麗に収納しておかないと、カバーを閉じることができません。ケースに付いている黒い保護カバーにきちんと収め、カバーを閉じる時にHDDを上から少し押さえておくといいです。

HDD

タッチパットケーブルは、もともとしわが付いているのでそれに従って収めておくといいです。

タッチパット

金具の板を元に戻すときは、よくその構造を観察すると簡単に取り付けることができます。溝になっている部分に爪を引っ掛ける感じです。

1125016

最終確認は起動後、BIOSにて行います。プライマリマスターで認識できていたらCF-R3のHDD交換は成功です。

1125017






コメントを残す



サブコンテンツ