Lenovo Hシリーズ H320 分解

Lenovo HシリーズのH320を分解してみました。

Lenovo H320は、スリムタワー型のパソコンです。主なスペックは、チップセット Intel H55 Express、CPUはLGA1156のCore i5、メモリー4GB(最大8GB)、HDD 500GB、OSはWindows 7 Home Premium 64bitなど。モデルナンバーによって CPUなどが異なります。

メモリー増設、HDD→SSDへの交換、内部メンテナンスの様子を紹介しています。Lenovo Hシリーズでは筐体が似ているので参考になると思います。

Lenovo H320。スリムタワーですが、NECやFujitsuなどのスリムタイプに比べるとさらにコンパクトな感じです。

Lenovo H320

ケース背面の3本のネジを外します。

背面のネジ

スライドさせる簡単にサイドパネルを外すことができます。

サイドパネル

メモリー増設

ケース内部。フロントパネルは3箇所の爪を外すことでとることができます。

フロントパネル

2本のネジを外します。

2本のネジ

光学ドライブに付いている電源ケーブルとSATAケーブルを外して、光学ドライブを取ることができます。

光学ドライブ

この時点でメモリー増設ができます。

スロットは計4本。もともと2GB×2本付いていました。PC3-10600とありますので、DDR3-1333です。

メモリースロット

バッファローでは対応メモリが記載されていないのですが、最大8GBまで取り付けができるみたいです。

こういうときは、元々付いているメモリーの規格のものを選べば基本的に大丈夫ですね。

というわけで、空いたメモリースロットに中古のDDR3-1333 2GBを2本増設することにしました。

メモリー

2GB×2本を緑のメモリースロットにそれぞれ増設。

メモリー増設

HDDからIntel SSD 330シリーズに交換

HDD交換・SSD交換する場合は、マウンタごと取り外します。

ハードディスクは光学ドライブの下にあります。ネジ2本を外します。

ネジ2本

スライドさせるとマウンタごと取り外すことができます。

ハードディスク取り外し

ハードディスクをマウンタから取り出します。

マウンタから取り外す

取り出したハードディスク。ハードディスク交換では、マウンタに新しいハードディスクを取り付けるだけです。

ハードディスク

今回使用する Intel SSD 330シリーズ 120GB。

Intel SSD 330シリーズ 120GB

付属のネジで、マウンタにSSDを取り付けます。

SSDをマウンタに取り付け

SSDのマウンタとハードディスクの横幅は同じ長さなので、ハードディスクが入るパソコンならSSDはほぼ確実に換装することができます。ハードディスクのマウンタにSSDを入れていきます。

SSDをハードディスクマウンタに入れる

ネジ穴も必ず合うので、ハードディスクと同じようにネジで固定します。

SSD固定

SSDに交換したらパソコンにマウンタごと取り付けて、電源ケーブルとSATAケーブルをつなぎます。

SSD換装

メモリー増設やハードディスク交換、SSD交換後は、電源投入後ロゴ画面でF1キーを押すと BIOSに入って確認できます。

BIOSで確認

SSD交換の補足

SSD換装前はハードディスクが付いていたのですが、Seagate ST3500418AS 500GBが付いていました。

もともとハードディスクが付いていた時にクリスタルディスクインフォで確認したらこんな感じでした。

クリスタルディスクインフォ

不良セクタの代替処理が始まっていることが分かります。ただ許容範囲内での代替処理なので、この時点では必ず交換したほうがいいというレベルではありません。

ただし今回は、通常の代替処理のハードディスクとは思えないほどパソコンの動作が不安定でした。起動しても砂時計が出続けてたり、遅すぎてまともに操作ができなかったりと・・。クリスタルディスクインフォで確認したのもセーフモードで行ったぐらいです。

Seagate 末尾型番 「8AS」

それでなんとなくピンと来たのが、Seagateの型番末尾が「8AS」の部分です。

数字の最後が「8」なのですが、この8で終わる Seagateのハードディスクは壊れることがよくあるんです。ST3500318ASやST10000528ASなど。以前紹介した SONYの一体型のパソコンも ST10000528ASでした。

なぜ壊れたり調子が悪くなるかというと、ファームウェアに問題があるからです。

ファームウェアは、ハードディスクを制御するプログラムのようなものでハードディスクに内蔵されています。特定条件下(温度など)でハードディスクのパフォーマンスが落ちたり、不良セクタが出やすくなったりします。

Seagateは、特に末尾「8」のものは要注意です。パソコンショップではあまり販売されていないので自作ユーザーの方はあまり影響は受けていないと思います。どちらかというとこの末尾 「8」はメーカー製パソコンでよく見かけます。主に2009年~2011年に Windows 7搭載のパソコンメーカー向けに出荷されたハードディスクのようです。

Seagateではファームウェアの更新を公開していますが、メーカー製パソコンでは、ファームウェアに問題があっても公開しているわけではありません。通常のアップデートとして公開しているのは Fujitsuぐらいではないでしょうか。

関連する情報はあまり出ていないのですが、下記ページでは分かりやすく解説されています。Seagateの末尾「8」には気を付けたほうがいいということです。クリスタルディスクインフォなどのスマート情報では問題なさそうでも ファームウェアレベルで障害が出ているときがあります。

Seagate製 3.5インチ HDD ファームウェア不具合について

intel data migration softwareにてクローン作成

HDDからSSDへクローン作成を行いたいのでが、通常起動では正常なパソコン操作ができないことと、ハードディスクの状態が悪化しそうだったので、自作パソコンの力を借りることにしました。

自作パソコンのSATAポートに H320のハードディスク ST3500418AS(右)とIntel SSD(左)を接続して起動させます。

自作パソコン

起動後に intel data migration softwareをダウンロード・インストールして、 ST3500418AS から Intel SSDへクローンを作成。

500GBのHDDから120GBのSSDにそのままクローンすると、ややアンバランスな構成になります。もともと H320は Cドライブが60GBと少なく設定されているので、さらに小さくなり容量不足になります。

またパーティション先頭のWindows 7 システム予約済みの領域が 100MBから20MBぐらいになったり、リカバリー領域が26GBぐらいから 8GBぐらいになります。クローン後に起動するかどうかも微妙なところです。

intel data migration software

そこで手動モードにて、システム予約済み領域(100MB)とリカバリー領域を、ハードディスクにおける容量と数値を合わせ、CドライブとDドライブを適切に分けます。

パーティション変更

クローン後、ディスクの管理で見るとハードディスク(下)とSSD(上)はこのようになります。

ディスクの管理

リカバリー領域やDドライブが不要な場合は、あとで EaseUS Partition Masterなどでパーティション削除→削除後にディスクの管理でパーティションボリュームを拡大ができると思います。

ベンチマークテスト

クローン作成後、H320にSSD取り付けてクリスタルディスクマークにて SSDのベンチマークテスト。330シリーズはSATA3対応ですが、Lenovo H320はチップセット H55 Expressなので SATA2までの対応となります。

ベンチマークテスト

CPUが Core i5と高性能なこともあり、ベンチマークテスト以上に何か爆発的なスピードを感じました。Lenovo Hシリーズの高速化は、メモリー増設とSSD交換で実現できると思います。

内部クリーニング

どのパソコンでも同じですが、電源ファン、CPUファン、グラフィックボードのファンのところはよく埃がたまりますね。

CPUファンは先ずカバーを外します。センサーみたいなのがマザーボードから延びていますがこれが何かはよくわかりません。たぶん温度センサーでしょう。

CPUファンカバー

LGA1156のCPUクーラー。LGA775と見た目ほとんど変わりませんね。ネジ4本を外すとCPUファンを取り外すことができます。

CPUクーラー

この時点で、CPUファンやヒートシンクを掃除できます。CPUグリスを塗り直す場合は、ヒートシンクを固定しているネジ4本を外します。バックプレートタイプです。

ヒートシンク

ヒートシンクを取り外すとCPUソケットが見えます。ちなみにグリスはパリパリだったので塗り直しました。CPU温度が高い場合はグリス塗り直しは効果があります。

CPUソケット

クリーニング後ピカピカに。最近はクリーニングを極めてきました・・。

クリーニング後

Lenovoは、内部メンテナンスが行いやすい構造になっています。

コンパクトサイズのパソコンなのですが分解がものすごく楽です。たくさんあるメーカー製パソコンの中でもたぶん一番簡単な機種のひとつです。ネジも共通のものが使われていたり、スライドしやすかったりします。Lenovoの場合は、もともと内部のメンテナンスをユーザーが行えるように設計されています。ホームページでは保守マニュアルをダウンロードすることもできます。






“Lenovo Hシリーズ H320 分解” への7件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    写真入りの解説有難うございました。
    PCは、型番違いのH310でしたが、筐体の分解のしかたは同じでした。無事、メモリ増設作業を完了しました。
    有難うございました。

  2. 匿名 より:

    写真がとても良く、参考になりました。
    PCは、H320で、3度分解していますが、この様に記録、整理
    しておくべきだと感じました。
    記事の、ハードディスクの情報は有益でした。
    有難う御座いました。

  3. 匿名 より: より:

    3年前に書いて頂いているんですね。
    3年たった今でも、とても参考になりました!
    自分が初めてメンテをした時の疑問や問題点が解消されて
    とても良かったです!
    週末にでもこちらで学んだ知識でメンテをしたいと思います。

  4. admin より:

    どうも管理人です。
    古い記事ですが、お役に立てて何よりです。

  5. rrrsss より:

    先月になりますが、こちらのサイトで写真つきで解説されているのを参考に、無事ssdに換装しました。
    パソコン関係の知識に乏しく、困り果てていたところ、こちらのサイトにたどり着きました。
    本当にありがとうございました。

  6. H310 より:

    お世話になります。
    CPUファンやヒートシンクを掃除はやってみます。
    さて,CMOSクリアの際,ショートさせるボタンかジャンパーがどこにあるかご存じでしたらお教えください。

  7. admin より:

    どこかにありそうですが、手元にパソコンにないので残念ながら分かりません。

コメントを残す



サブコンテンツ