DELL XPS 17 SSD化

DELLのノートパソコン XPS 17をSSD化してみました。

XPSというのは Xtreme Performance Systemの略。DELLの比較的性能がいいパソコンに付けられます。

デスクトップパソコンにもノートパソコンにもXPSというのはあって、デスクトップパソコンならDimensionシリーズの上位機種、ノートパソコンでは Inspironシリーズの上位機種という感じです。

17という数字は 17インチワイド液晶搭載という意味です。

DELL XPS 17。L702Xという型番。CPUはSandy Bridge世代のCore i5-2410M。USB3.0やeSATAが付いています。

XPS L702X

Intel 330シリーズ 180GBを使ってみます。

Intel SSD 330シリーズ 180GB

バッテリーを外して 底面のカバーを外すとメモリースロットやHDDがあります。

底面

ハードディスクは2台搭載できるようです。

ハードディスクの場所

メモリーを DDR3-1333 4GB×2にしてみました。

4GB×2枚

ハードディスクは4箇所のネジを外して手前に引き出すと取り外すことができます。

4箇所のネジ

ハードディスクは7200回転のものが使われていました。

7200回転のハードディスク

SSDをマウンタに取り付けます。

SSD

ネジで固定します。

ネジで固定

もともとあった場所にそのまま取り付けます。

取り付け後 BIOSで確認すると Fixed HDDにSSDは表示されます。もともと付いていいるハードディスクもここです。

Fixed HDD

今回は事前に作成しているリカバリーディスクからインストール。

リカバリー

様子をみていましたが特に問題は無さそうです。

リカバリー中

しばらくして リカバリーが終わりました。

リカバリー終わり

なかなか速いです。7200回回転のハードディスクからSSDへの交換になりますがかなり快適になります。

ベンチマークテスト

DELL XPS L702Xは335シリーズでも交換できたという報告があります。たぶん520シリーズも問題はなさそうです。

IntelのSSDについては、330シリーズが徐々に在庫切れになりつつあるようで、今後は335シリーズが中心になってくると思います。

パソコンショップでも 330シリーズは今後は入荷予定なしというところが多いみたいです。335シリーズが控えているからと言われてました。

Second HDDにもSSDを入れてみる

ハードディスクが2台搭載できるノートパソコンは結構珍しいです。

DELLのXPSシリーズぐらいでしょうか。他にはあまりみることはありません。

ここにもう一台ハードディスクを入れると バックアップ用の内蔵ハードディスクとして活用することができます。

SSD交換した場合は、もともと付いていたハードディスクをSecond HDDに取り付ければいいと思います。

話すと長くなるのですが、今回は とあるプロジェクト用のパソコンでバックアップでも高速化する必要があるため Second HDDにもSSDを入れることになりました。

なんでもよかったのですが、Intel製は330シリーズが品切れのため 適当にToshibaのSSD CSSD-S6T120NTS2Q 120GBを選択。「書き込みが断然速い!!」らしいです。

Toshiba SSD

中はSSD本体、マウンタ、ネジ。SSDがかなり軽く感じられます。

箱の中身

ここに取り付けるのですが、先ほどと同じようにマウンタを取り外せます。

Second HDD

4つのネジは固定用です。

固定用のネジ

SSDを固定します。

SSDを固定

パソコンに取り付け

パソコンに取り付け

BIOSでは Second HDDというところに表示されます。

BIOS

Windows起動後 新たに取り付けたディスクであればディスクの管理からフォーマットするとドライブとして使用できるようになります。

Dドライブ

通常のハードディスク1台搭載のパソコンのCドライブ Dドライブというのはあくまで1つのハードディスクを論理的に2つに分割しているので、Dにデータを入れたとしてもハードディスクそのものが壊れればデータそのものが取れなくなるときもあります。

基本的にハードディスクがCドライブ・Dドライブにそれぞれ個別のものであれば、バックアップとなるのでデータが保全される確率はより高くなります。

そういう意味で XPSなどハードディスクが複数搭載できる機種では、Second HDDはバックアップ用途として十分役に立ちます。

Toshiba SSDのベンチマークテスト。確かに書き込みが速いみたいです。

Toshiba SSD ベンチマークテスト

試しに Easeus Todo Backupでシステムバックアップ(イメージバックアップ)をしたところ 30GBほどの容量を3分ほどで行なっていました。

システムバックアップ

バックアップ用にSSDを使うというのはまだ限られた用途になってくると思いますが、書き込みが速いのは注目です。特にSATAⅢの場合はその傾向があります。

最近はレンタルサーバーや共有サーバーでSSDの導入が進んでるそうですが、社内や事業所などのバックアップ用のサーバーもアクセス速度や書き込み速度の観点からすると、SSD化することでメリットが出てくることも考えられます。






“DELL XPS 17 SSD化” への6件のフィードバック

  1. Chiharu より:

    私もDELL XPS 17 を持っていて、SSD化したいなーと思い軽く検索してみたら、ズバリの記事があったのでびっくりでした!
    参考にさせていただきたいと思います。

  2. 長谷川 より:

    今日は初めまして、この度dellxps17702xを中古で購入しましてハードディスクが500gbで小さいため、fixedhddをssd240gbに換えてsecondhbbに新たに1tbのデータ用hddを新設しようと思います。そこで今回貴webを拝見してやり方をご教授頂きたくよろしくお願いします。購入したssdがサムソン製のためintelのクローンソフトが利用出来ないため、リカバリーディスクにhddの情報をコピーしておきssdにコピーすることとなると思いますが、リカバリーディスクにコピーする方法を教えて頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

  3. admin より:

    >リカバリーディスクにコピーする方法
    という箇所がよくわからないのですが、単純にまずHDDの状態でリカバリーディスクを作成し、SSD換装後にインストールするといいかと思います。
    1TBのHDDはSSDにインストール後に後から増設すれば問題ありません。
    それほど難しく考えなくても ひとつひとつ手順をふんでいけば必ずできると思います。

  4. カリメロ より:

    admin様、初めまして!

    何分初心者ですのでご教授願います。
    DELLノートパソコン、XPSL701X
    OS、Windows7
    元HDD、SAMSUNG HM640JJ
    新SSD、TRANSCEND SSD370S

    先日、ハードディスクのスマートエラーが検出されたため、これを機にSSDへの換装を試みました。普段の使用容量が少な過ぎ(約110GB使用)でしたので、容量を256Gの物を購入。商品到着時にはパソコンはほぼ立ち上がらない状態でした。
    交換をなんとか終え、いざリカバリディスクにて起動してみますと、途中で「お使いのハードドライブの容量では、この作業を行うことができません。596GB以上の容量のあるハードドライブを使用してください。」のメッセージが出て進めません。
    やはり元HDD容量より小さいSSDへの換装は無理なのでしょうか?
    もし何か方法が有ればと思い書き込みさせていただきました。
    何分にも素人の域を出てませんのでよろしくお願いします。

  5. admin より:

    >>元HDD容量より小さいSSDへの換装は無理なのでしょうか?

    そんなことは無いと思いますが、なぜそのようなメッセージが出るのか 残念ながら分かりません。
    まずBIOSでSSDが認識されているか確認が大事です。
    それにも関わらずメッセージが出るというのは、SSDとの相性なのかもしれません。

  6. カリメロ より:

    admin様
    お返事ありがとうございます!
    その後ですが、知人に1TBのHDDを借りてトライしましたところ、つまずいた箇所はすんなりと進みました!しかしながら、私がリカバリディスクの作成にミスしたのか2枚目で痛恨の読み込み不可が出ました…。
    あえなく、OSからインストールし直しました。(T_T)
    パソコンのトラブルは色々な事が重なって起きますねぇ。
    今度こそはしっかりとリカバリディスクを作成しておきます!(笑)
    この度はありがとうございました。
    また何かありましたらご相談に乗って下さいませ。

コメントを残す



サブコンテンツ