高速に簡単にデフラグできる Auslogics Disk Defrag

ディスクデフラグは、Windowsの標準機能でももちろん行うことはできるのですが、気軽に簡単に、高速にデグラグできるフリーソフトがないか探していたところ、このAuslogics Disk Defrag オースロジックス ディスク デフラグを見つけました。

Auslogics Disk Defragは、デフラグの効果についてはそこそこの評価を得ているようです。

このフリーソフトの特徴は、とにかく高速でデフラグするというのがあげられます。とくに大容量のハードディスクなどを使用していたりすると、Windowsのデフラグよりかなりスピーディーに行ってくれます。

ダウンロード

ダウンロードは下記から。

Auslogics Disk Defrag 窓の杜

ダウンロードからインストールは、下記の動画を参考にしてください。ダウンロードしたセットアップファイルをクリックするとインストールが始まるます。ウィザードに従うのみです。インストール中は英語ですが、ソフトは日本語されてインストールされます。

使い方

実際の使用方法は、下記の動画を参考にしてください。管理画面は自動的に日本語化されています。ドライブを選択して、デフラグと最適化をクリックするだけです。一時停止やデフラグの停止も可能です。

デフラグが終了すると、赤線のところにデフラグの完了のメッセージが出ています。終了するときは左上ファイル→終了です。

デフラグ

デフラグ中でも、いろいろパソコンの操作は可能です。

1年間近くデフラグしていないパソコンがあり、Windows起動後など特にハードディスクがガラガラ回転してて目に見えてスピードが遅くなっておりました。

今回、このAuslogics Disk Defragを使用することにより、高速にデフラグすることができました。HDDがだいぶ静かになり、Windowsの起動時間や起動後のレスポンスがかなり改善されました。

こちらは別のパソコン。このパソコンも6年近く使用していますが、ハードディスクのシーク音(回転音)が目立っていました。断片化が多いことが分かります。

デフラグ前

「デフラグと最適化」を行った後。

デフラグと最適化

断片化したファイルがまとまられていることが分かります。このパソコンもシーク音が減り パフォーマンスが向上しているのを体感出来ました。

Auslogics Disk Defragの効果は、パソコンにもよると思いますが、しばらくまったくデフラグしていないパソコンやHDDの回転が気になる、レスポンスが悪い、また大容量のHDDを使用している、などであればそれなりに効果が体感できるかと思います。Cドライブに仮想メモリを設定しているとその領域はデフラグされないので、一度仮想メモリをOFFにして実行すると効果的です。

じっくりデフラグするソフトではないので、あくまでスピーディーに適度にデフラグしたいというユーザー向けです。






コメントを残す



サブコンテンツ