ネットワークやIPアドレスの探索・調査 NetEnum

NetEnum ネットイーナムは、LANを組んでいるときに、パソコンや周辺機器のIPアドレスが分からなくて調べるときや、LAN内のIPアドレスの一覧を表示させたいときに役立つフリーソフトです。

NetEnumの使い方は簡単です。ダウンロード後、パソコンにインストールしてワンクリックでネットワーク内のデバイスを探索し、IPアドレス(ローカルIP・プライベートIP)を一覧で表示してくれます。接続されているパソコンのOS、MACアドレスなども調べることが可能です。NetEnumの使い方の詳細は、実際に使用してみると覚えるかと思います。

ダウンロードは下記から。

NetEnum

インストールは簡単ですので、ダウンロードした下記アイコンをクリックして、ウィザードに従って進めます。

ダウンロード

アイコンをクリックして、NetEnumを起動します。

NetEnum



使い方

実際に使ってみました。

環境は、ルーター1台、無線LANアクセスポイント1台、ネットワークプリンター1台、自作PC1台です。

NetEnumを起動します。ファイル→検索。

検索

IPアドレスが初期設定では、ずれていることがあるので下記の反転している部分を一度ダブルクリックとかすると、実際に使用しているネットワークのIPアドレスになります。

IPアドレス

こんな感じでチェックを入れました。pingが通るホスト(現在ネットワーク上にある・電源が入っている)、MACアドレスのを取得する、ベンダー名を表示(メーカー名)にします。

チェックを入れる

スキャンが始まります。

スキャン

スキャン後に一覧が表示されます。

IPアドレス一覧

各IPアドレスは、以下のように類推することができます。ルーターは当たり前のことですが基本的に末尾が 1になります。

  • 192.168.0.1・・・ルーター
  • 192.168.0.2・・・ネットワークプリンタ(ベンダー名がCanon)
  • 192.168.0.3・・・自分のパソコン(ベンダー名がマザーボードのASUS、他OSやホスト名)
  • 192.168.0.4・・・バッファロー無線LANアクセスポイント

ベンダー名は、メーカー名が必ず表示されるというわけではないですが、数字と英語の組み合わせならそれでインターネットで検索をかければ自ずからどこのメーカーか分かってくると思います。

バッファローは、10-6F-3Fがベンダー名のようです。

IPアドレスが多く表示されている場合は、消去法的に調べていくことになるかもしれませんが、Netenumでは、他にもログインユーザーを取得という項目にチェックを入れたりできるので、どれがパソコンでどれがネットワーク機器かというのは比較的簡単に判別ができるものと思います。

NetEnumの使い方の詳細はインストール後にProgram Files→realizeにReadmeファイルがありますので、そちらでご確認ください。

MACアドレスからベンダー名を調べる

下記サイトでMACアドレスからベンダー名を調べることができます。はじめの数桁入力するだけでも候補が出ます。ハイフンは省いても大丈夫です。

機器のメーカーが分かるということになります。

NEC製のアクセスポイントの設定を行う際に アドレスが分からないときに NetEnumで探索したときの様子。

MACアドレス

ベンダー名から 一番上がNEC製アクセスポイントだと知ることができました。

MACアドレスは ルーターやアクセスポイントの機器に記載されていることがほとんどです。






コメントを残す



サブコンテンツ