SUPERAntiSpyware スーパーアンチスパイウェア

スパイウェアを検出・駆除できるフリーソフト SUPERAntiSpyware スーパーアンチスパイウェアの紹介です。

操作方法・スキャン速度・検出率などすべての点においてバランスが取れており、使いやすいソフトではないかと思います。

ダウンロード

SUPERAntiSpyware スーパーアンチスパイウェアのダウンロードは下記から有料版とフリー版がありますが、フリー版になります。。対応OSは、Windows 2000,XP,Media Center,Vista,Windows 2003,Windows 7。
SUPERAntiSpyware スーパーアンチスパイウェア

フリー版

ダウンロードしたファイルを実行して、ウィザードに従いインストールを進めます。日本語には対応していませんので、インストール中の言語選択では、デフォルトのEngrishを選択されるといいかと思います。

ファイル

使い方

インストールが終わるとこの画面になります。スパイウェアの検索・駆除を開始する時は、赤枠のScan your Computerをクリックします。

インストール後

赤枠のScan Locationでスキャンするドライブを選択します。青枠のところで選択したドライブのスキャンする場所を選びます。Quick Scan (簡単なスキャン)、Complete Scan (完全スキャン)、Custom Scan (スキャン対象を自由に選択)。スキャンするドライブと場所が決まったら次へ。

選択

検索中の画面。中断するときはキャンセルまたは次へをクリックします。

検索

検索が終わったら、この画面になりますのでOKボタン。

OK

検索結果が表示されます。cookie、スパイウェアなどが表示されます。

検索結果

+ボタンを開いて、スパイウェアの場所などを知ることができます。削除したいcookie、スパイウェアにチェックを入れて次へ。(すべてチェックでいいかと思います。Restore機能もあります)。

スパイウェア

削除が開始されます。

削除

Reboot(再起動)を促す画面になりますので、すぐに再起動する場合はOKボタン。

再起動

その他の設定

スーパーアンチスパイウェアは、デフォルトでは常駐機能が付いています。タスクトレイに常駐。

常駐

通常時はデスクトップ上のアイコンから、SUPERAntiSpywareを起動させます。

アイコン

フリー版では常駐機能はあまり意味がないので、常駐機能をOFFにするときは、メイン画面のPreferencesをクリック。

Preferences

チェックを外して、closeすると常駐機能をOFFにできます。

常駐解除

削除したcookieやスパイウェアを元に戻すときは、Manage Quarantine Itemをクリック。

quarantined

元に戻すファイルを選択して、Restoreボタン。確認メッセージが表示され、リストから削除するかどうかたずねられます。

Restore

他のスパイウェア対策ソフトも同じですが、スーパーアンチスパイウェアもセーフモードで実行することはできます。

通常起動時で ウイルス・スパイウェア感染がひどい時は まともに操作できないということもあります。

そうした場合は Windowsを セーフモードで起動し、ダウンロードやインストール、検索・駆除することができます。






コメントを残す



サブコンテンツ