EASEUS Todo Backup ドライブ・パーティションのバックアップ

EASEUS Todo Backupは、ドライブやパーティションのイメージバックアップ (丸ごとバックアップ)、バックアップイメージからのドライブ・パーティションの復元、ドライブやパーティションをそっくりそのまま新しいHDDやSSDにコピーできるディスク クローン、パーティション クローンなどの機能を備え、フリーで使用できます (非商用かつ私的に家庭PCで使用する場合のみ)。

有償のソフトで有名なものにAcronisなどがありますが、これに近いことがほとんど可能です。無料版の正式名称は、EASEUS Todo Backup Home。

EASEUS(イージス)のソフトは、他にもEASEUS Partition Masterがあり評価も高いため、EASEUS Todo Backupも注目です。

ダウンロード・インストール

ダウンロードは下記から。対応OSは、Windows 2000 Professional, XP, Vista, Windows 7。
EASEUS Todo Backup

ダウンロードしたファイルをクリックしてインストールを開始します。

ダウンロード

ウィザードに従いインストールを進めます。

インストール

インストールが終わったら、Yesでパソコンを再起動させます。

再起動

使い方

イメージバックアップとは、現在のCドライブ もしくはハードディスク全体を丸ごとバックアップする作業です。

このバックアップしたファイルは ひとつのファイルにまとめられます。圧縮されるので 容量もおさえられます。

バックアップ先は、自由に決めることができます。

通常はやはり Windowsやプログラムなどすべてが保存されている Cドライブのバックアップです。

これを 例えばDドライブ、あるいは外付けハードディスクになどに保存します。

そして、もしCドライブ (Windows)が起動しなくなったときは、バックアップしたファイルを利用して バックアップした時点のCドライブ (WIndows)に復元するわけです。プログラムやデータもその時点のものとなります。

デスクトップ上のEASEUS Todo Backupのアイコンをクリックして起動させます。

アイコン

EASEUS Todo Backupのメイン画面になります。

EASEUS Todo Backup

Backupをクリックします。

Backup

Disk and Partition backupを選択。

Disk and Partition backup

ここにバックアップ名 (バックアップのプラン名・タスク名)を入力します。適当で可。

ここで選択したバックアップ名でバックアップ先に自動でフォルダが作成されます。Descriptionには後で自分で分かるようにメモ・説明などを入力できます。

バックアップ名

バックアップするディスクあるいはパーティションを選択します。(Source diskの選択)

Source disk

バックアップ先の場所を選択します。(destination)

destination

ここではdataという名前のDドライブを選択しています。新しいフォルダ(New Folder)を作成しなくても、先ほど入力したバックアップ名でフォルダは自動的に作成されます。

Dドライブ

Nowで今からバックアップをとります。

Now

確認画面。

確認

バックアップが開始されます。

バックアップ

終わったら右下のボタンがFinishになっていますので、ボタンをクリックしたらバックアップは終わりです。

Finish

バックアップされたかどうかの確認をしてみます。Dドライブにbackupというフォルダが作成され、その中にバックアップされたイメージが保存されています。

イメージ

最新バージョン 4.5

現時点でのEASEUS Todo Backupの最新バージョンです。

WIndowsのバックを取りたい場合は、System Backup。

System Backup

あまり難しく考える必要はありません。destination=行き先、バックアップ先を聞いてきています。

バックアッププラン名や説明は、適当に入力してもいいし、入力しなくてもいいしどちらでも構いません。

バックアップ先

バックアップ先を指定します。

指定

ここでは事前にDドライブに backupというフォルダを作成し、そこにバックアップすることにしました。決まったらOK。

OK

確認画面です。問題なければ、Proceed=続行する。

Proceed

バッツアップが始まります。WIndowsが起動している状態でそのまま行われます。

Acronisもそうですが、バックアップ中でもパソコンの操作はできるようになっています。バックアップスタート時に、一時的にCドライブをロックしてそのイメージをバックアップしていると思われます。

特に無理な使い方でなければ、パソコンは使用できるわけです。

バックアップ中

終わったら 右下にFinishと出ます。

Finish

実際にDドライブをみてみました。Dのバックアップに作成したフォルダ backupのなかに、System backup~というフォルダがあります。これはバックアッププラン名でもともと入力されていたものです。

Dドライブ

このフォルダの中にイメージファイルとしてあります。拡張子は、.PBDとあります。Cドライブが32GBで、24GBに圧縮されていました。

PBD

Windowsの丸ごとバックアップソフトというのは、どれも似たような作業になるので、覚えておくと役立つと思います。

Acronisをはじめ、どのソフトもおおまかな流れは一緒なのです。

  • メニュー画面から バックアップを選択
  • ソースディスクを選択 (ソース=バックアップ元)
  • ターゲットディスクを選択 (タッゲットやディスタネイション=バックアップ先)
  • バックアップ先で、フォルダを作成するかどうか選べる
  • 実行

EASEUS Todo Backupは、日本語化はされていませんが、少し慣れれば簡単にバックアップを行うことができます。アップデートも定期的にされているので、新しいOSにも対応し、フリーソフトにも関わらずバグや不具合も少ないほうです。

ダウンロードしてすぐに 始めることができますので、イメージバックアップをすぐに行いたいとか、どんなものなのか試してみたいという場合、手軽に始められるのではないかと思います。






“EASEUS Todo Backup ドライブ・パーティションのバックアップ” への3件のフィードバック

  1. [...] EASEUS Todo Backupを使用したバックアップイメージからの復元を解説しています。前回のEASEUS Todo Backup ドライブ・パーティションのバックアップの続きになります。 [...]

  2. 翼を持った柿木 より:

    著者様
    ありがとうございます。
    参考になりました。

    以上

  3. admin より:

    どうも
    管理人です
    お役に立てて何よりです。

コメントを残す



サブコンテンツ