EASEUS Todo Backup バックアップからの復元

EASEUS Todo Backupを使用したバックアップイメージからの復元を解説しています。前回のEASEUS Todo Backup ドライブ・パーティションのバックアップの続きになります。

EASEUS Todo Backup Homeを起動させます。メイン画面よりRecoveryを選択。

Recovery

Disk and Partition recoveryを選択。

Disk and Partition recovery

バックアップ名を選択してNext。

選択

自動で表示されない場合は、Browseをクリックしてバックアップしているファイルを指定します。

Browse

バックアップイメージを選択してNext。

バックアップイメージ

イメージの内容を確認して、ディスク・パーティションにチェックを入れNext。パーティションのみチェックを入れて復元もできます。

確認

復元するドライブを選択してNext。destination (行き先)。内蔵ドライブ、外付けHDDなどがある場合はディスクが複数表示されます。復元先の選択を間違うとすべて上書きされてしまうので注意します。

復元先

確認メッセージが出ますのでOK。(復元先のデータが上書きされますがいいですか?)

メッセージ

復元先でのパーティションの大きさを指定できます。なにも変更しない場合は、そのままNext。復元先での空きの領域は未割り当て領域になります。復元後、Windows上からパーティションを作成できます。

パーティション
変更

確認メッセージが出ますのでOK。

復元先などの内容の最終確認画面。

再起動させるようメッセージが出ますので、Rebootをクリックするとパソコンが自動的に再起動します。

Reboot

再起動すると、画面左上にEASEUSの文字が出てくるのでしばらく待ちます。

EASEUS

青い画面になりますがそのまま待ちます。

青い画面

復元作業が始まります。概算での復元作業残り時間(左)、経過時間(右)が表示されます。

復元中

復元が終わったら、右下のボタンにFinishの文字が出るのでクリックするとパソコンが再起動して終わりです。

Finish

復元されてWindowsが起動してきました。

復元後






“EASEUS Todo Backup バックアップからの復元” への2件のフィードバック

  1. 平松 より:

    ソニーバイオのデスクトップ
    easeUs 8.3 free

    ブータブルディスクの作成ができません
    ツール→ブータブルディスクの作成(WinPe)までは順調ですが
    この後CDに書かせると途中で「変更、消去、キャンセル」のどれかを選べと指示されますが、どれを選んでもいきなり終了して何も残っていません。
    外部HDDを指定しますと、「書き込み先のディスクにはアクティヴパーティションがありません」で前に進めません。
    肝心の起動ディスクが無くては無意味なものになってしまいます。
    よろしくご指導お願いいたします。

  2. admin より:

    ブータブルディスクには、Linuxという項目もあるのですがこちらで作成してみるのはどうでしょうか。

コメントを残す



サブコンテンツ