EASEUS Todo Backup 起動ディスクからの復元

フリーソフト EASEUS Todo Backupの起動ディスクの作成方法と起動ディスクからの復元の方法を解説しています。

EASEUS Todo Backup Homeを使用して、Windowsのバックアップイメージから復元する方法は前回紹介しました。EASEUS Todo Backup バックアップからの復元

この場合Windowsが起動している状態での復元作業になります。もしWindowsが何らかの理由により起動できなくなった場合は、EASEUS Todo Backupで起動ディスクを作成してバックアップイメージから復元作業を行うことも可能です。なので念のため起動ディスクを作成しておけば、Windowsが起動しないなどの不測の事態に対応することができます。

起動ディスク作成

EASEUS Todo Backup Homeを起動しToolsからBootable media builderを選択。

Tools

Tools→CD/DVD→Proceedで進みます。(ライティング可能なドライブが搭載されていればOKです)

CD/DVD

しばらく待ってメッセージが表示されたら、空のCDを挿入します。

メッセージ

起動ディスク作成が始まります。

作成

作成が終わったら、Finishをクリックします。

Finish

起動ディスク作成からの復元

パソコンの電源投入後、光学ドライブに起動ディスクを入れ、CDブートさせると下記のような画面になります。一番上のEASEUS Todo Backupを選択。

CDブート

左上にEASEUSの文字が出て起動準備中。

EASEUS

recoveryを選択します。ここからの作業は、EASEUS Todo Backup バックアップからの復元とほとんど同じになります。

recovery






“EASEUS Todo Backup 起動ディスクからの復元” への1件のフィードバック

  1. WID より:

    現在、こちらのサイトの情報を参考に既存HDD→新設HDDにクローンをしています。
    現状のHDDが不調でPCの動きが鈍くなり、HDDを交換する為です。

    PCはONKYOのS711A8Bです。

    付属されていたディスクはOS選択起動ディスクで、HDD交換だけではリカバリ領域が無い為、リカバリできなく困っていました。

    新設HDDにクローン出来次第、新設HDDでWindowsを立ち上げ、起動ディスクも作成しようと思っています。

    経過は後程、ご報告します。

コメントを残す



サブコンテンツ