DiskInfo フォルダ・ファイルの容量・占有率を調べる

Cドライブの容量不足のときに、どのフォルダ・ファイルがドライブの容量を占有しているか調べたいときに役立つフリーソフトが、DiskInfo ディスクインフォです。

ハードディスクの容量が少なくなり空き容量を増やしたいときやハードディスク内を整理したいときに、どのフォルダ・ファイルを削除したり移動させたらよいのかなど調べることができます。

ダウンロード

ダウンロードは下記から。対応OSはXP、7。Vistaは対応していないようです。
DiskInfo

ダウンロードしたファイルを解凍。

ダウンロード

使い方

解凍したフォルダから、DiskInfoを起動させます。

起動

DiskInfoのメイン画面。左上のマークをクリックするとドライブの解析が行われます。

DiskInfo

しばらく待つと解析結果が表示されます。内蔵されているドライブの容量が表示されます。ここでCドライブを選択してクリックすると、Cドライブ内のフォルダ・ファイルの解析が行われます。

ドライブ

しばらく待つと解析が終わるので、閉じます。

閉じる

ドライブ内の解析結果です。Windowsの容量、占有率、Documents and Settingsの容量、占有率などが分かります。一番下のFilesという項目は、フォルダに入っていないファイル、隠しファイルなどを合計した数値です。ここではそれらのファイルの合計が6.22%ということになります。

ドライブ内

Documents and Settingsをクリックするとuserというアカウントがほとんどをしめていることが分かります。

アカウント

userをクリックして進むとこのような感じ。デスクトップの容量が大きいことが分かります。デスクトップをクリックして進むと、さらにどのフォルダ・ファイルが容量が大きく占有率が高いかを調べることができ、ハードディスクの容量不足の際、どのフォルダ・ファイルを削除・移動をさせたらよいかヒントを得ることができます。下の占有率の高いファイルは、あくまでフォルダに入っていないファイルのなかで、どれが占有率が高いかを示しているに過ぎませんので、全体の占有率ではありません。

占有率






コメントを残す



サブコンテンツ