HDDのベンチマーク・スキャンができる HD Tune

HD Tuneは、ハードディスクのベンチマーク・詳細情報・S.M.A.R.T.情報・スキャンの4つで構成されたフリーソフト。このうちスキャンは、クイックスキャンとフルスキャンを行うことができ、ハードディスク内の不良セクタ検出が可能となっています。

ダウンロード

HD Tuneのダウンロードは下記から。
HD Tune。(HD Tune Proは有償版)。対応OSはWindows 2000, XP, Vista, 7。

ウィザードに従いインストールを進めます。

インストール

日本語化

日本語化ファイルは書きから。
HD Tune の日本語化

ウィザードに従い、次へ次へと進みインスストールするだけです。

日本語化

使い方

HD Tuneの起動した画面です。接続されているHDDから選択できます。右にHDDの温度が表示。

HDD

ベンチマークのタブでは、開始ボタンでベンチマークテストが可能です。

ベンチマーク

ベンチマーク結果。HD Tuneのベンチマークテストは独自のところが少しあります。画面左側ほどハードディスクの外周(外側)、右側へ行くほど内周(内側)になります。ハードディスクは構造上、内部の円盤状の磁気ディスクをアーム(磁気ヘッド)が動きデータを読み書きしていきますが、外周の方が内周より速く読み書きできるのが特徴です。

よって転送速度(青色)は、外周→内周へ速度が落ちていき右肩下がり、アクセスタイムは外周→内周へ時間がかかるようになり右肩上がりになります。これが一般的です。

ベンチマーク結果

見方

各項目は以下の通りです。Transfer Rate (転送レート)の最高値が、CrystalDiskMarkのシーケンシャル速度と大体同じということになってきます。

  • Transfer Rate (転送レート)・・・データ転送速度。上から最小、最大、平均
  • Access Time (アクセス時間)・・・目的のデータまで移動する速度
  • Burst Rate (バーストレート)・・・ハードディスクドライブからOSまでの最高転送速度。
  • CPU Usage (CPU使用率)・・・ハードディスクからデータを読む際のCPU使用率

情報のタブで、ハードディスクのファームウェアバージョンやシリアルナンバーなどを知ることができます。

情報

ヘルスのタブでハードディスクのS.M.A.R.T.情報を見れます。

smart

エラースキャンのタブで、不良セクタがないかどうかの検査を行うことができます。クイックスキャンにチェックを入れると全セクタスキャンではなく一部のセクタのみサンプリングしての検査になります。開始ボタンでスキャンスタート。

スキャン

スキャン中。緑色が正常なセクタ。不良セクタは赤く表示されます。

スキャン中






コメントを残す



サブコンテンツ