HDDからIntel SSDへのデータ移行 Intel Data Migration Software

SSDをこれから使用する場合、現在のHDDからSSDへのデータ移行を行うことになります。

現在HDDで使用しているWindows、プログラム・データなどすべてをSSDに環境移行して使用することもできます。クローン作成です。

クローン作成は、フリーソフトならEaseus todo backup、シェアウェアならAcronisなどで行うことができますが、IntelもHDDからSSDへデータ移行・環境移行ができるソフトウェアを公開しています。

Intelが公開しているのは、Intel Data Migration Software インテル・データ・マイグレーション・ソフトウェアというものです。Migrationは和訳するとデータ移行作業の意。

Intel Data Migration Softwareは、Intel製のSSDを使用しているユーザーのみ、インストール・実行できるようになっています。

Intel 320 シリーズ 80GBを使用して解説したいと思います。

Intel SSD

IntelのSSD リテール品は付属品が充実しています。SSD固定マウンタ・SATAケーブル・電源変換ケーブルなど。実はCDも入っていてこのCDのなかにPDFファイルが入ってます。PDFのJAPANESEの付いたファイルをクリックすると、データ移行までの方法が分かりやすく解説されているので、SSDを初めて使用する方はそちらも見ておかれるといいでしょう。

付属品



準備

自作パソコンの場合は下記のような感じでしょうか。上がもともと使用していたHDD、下がIntel SSD。マザーボードの空きのSATAポートにも接続します。

SSD接続

クローン作成なので、はじめからSSDをベイに入れる必要はありません。ケーブルが届くなら下記のような感じでも。

メーカー製パソコンでSATAポートが他になく内蔵ハードディスクとして増設できない場合やノートパソコンの場合は、ハードディスクのUSB接続で作業を行うといいかと思います。

接続の方法

BIOSで確認するか、Windowsが起動したらディスクの管理で認識されているかどうか確認。

BIOS
ディスクの管理

Intel Data Migration Software

Intel Data Migration Softwareのダウンロード先は下記になります。japaneseが付いたファイルが日本語版になります。

Intel Data Migration Software

ダウンロードしたファイルを実行してインストールを進めます。

ダウンロード

インストールはウィザードに従って進めます。

ウィザード
インストール

インストール後アイコンをクリックして、Intel Data Migration Softwareを起動します。

アイコン

ユーザー登録画面がでますが、後で登録するにしても Intel Data Migration Softwareでクローン作成は可能です。

ユーザー登録画面

開始で進みます。

開始

接続されているHDDとSSDが表示されます。今すぐクローンを作成で進みます。クローン作成ウィザードをクリックすると、パーティションの割合・サイズを手動で変えたりすることができます。

クローン作成

クローン作成ウィザードでは、CとDや他のパーティションの割合を自由に変更できるわけですが、データの総容量が SSDの容量をオーバーしている場合は、エラーが出てコピーはできないようになっています。

Cをコピーしたいけど Dが大きすぎてコピーできないということは考えられます。

そうした場合は、Dドライブのデータを他の外付けハードディスクなどに移動させるか削除するなどして、SSDにコピーできるようにするといいかと思います。

クローン作成ウィザードを使用したコピーは、下記のページでも紹介しています。

メッセージが出るので再起動させます。

再起動

再起動時に、クローン作成が自動で行われます。

クローン作成中の画面

終わったら Press Any Keyというメッセージが出るので、何かキーを押すと電源が落ちます。

 Press Any Key

電源が落ちたら、SSDを起動ドライブにして電源投入します。SSDで起動してきます。

USB接続でクローン作成したデスクトップパソコンやノートパソコンの場合は、ここでHDDを取り外し SSDに換装します。

SSDで起動

Intel Data Migration Softwareは、Acornis アクロニスが提供しています。なのでAcronisのソフトと操作はほとんど同じになります。シェアウェアソフトであるAcronisのクローン作成機能のみ使用できる感じです。

インストールする際に、Intel製のSSDが接続されていないと先に進むことができません。そのためこのソフトは、Intel SSDのユーザーに限られています。

クローン作成ソフトは他にもいろいろあるのですが、Intel Data Migration Softwareは、日本語にも対応していて、Acronis社製ということもありクローン作成を容易にできるソフトといえます。






“HDDからIntel SSDへのデータ移行 Intel Data Migration Software” への9件のフィードバック

  1. 浜ちゃん より:

    adminさま
    はじめまして。お世話になります。
    当方、デュアルブートHDDをSSDに換装するに当たり、貴ブログを
    読み、教えて頂きたく、メール致しました。

    当方の現システムは概ね次のようになっています。
    ・WinXPsp3、Win7sp1のデュアルブート(Inspiron531sを改装)
    ・CPU-Athlon 64×2
    ・HDD(WinXP立上げ時)
    C(WinXPシステム、34GB)、D(Win7システム、49GB)、
    E(XP-7のデータ、66GB)、外付けHDDには100GB程度の空きあり

    最近、HDDの容量が不足し始めたのでC、Dのみ、SSD(Intel330
    120GB)上に45GB、65GBで換装したいと準備しています。しかし、
    どういう手順でクローンを作ればよいのか、今一つ見通せません。

    Intel Data Migration SoftwareでHDDのC,Dを、SSD上に
    容量を大きくしクローンを作る事はできるのかな?
    あるいはHDDのEを一旦何処かに待避し、未割当にした後で
    ないとSSD上に容量を大きくしたクローンを作る事は出来ない
    のかな?
    等々、勝手に妄想しています。お手数ですがよい手順を教えて頂け
    ませんでしょうか?また、あれこれご面倒であれば、参考になるURL
    でも結構です。

    お手数をお掛けしますが、よろしくお願いします。

  2. 浜ちゃん より:

    済みません、文面から推測出来るかも知れませんが、追記です。
    PC内蔵HDDは1台です。

  3. admin より:

    どうも。管理人です。
    自分なら 「HDDのEを一旦何処かに待避し未割り当て後、CとDの大きさをリサイズしながらクローン」というのを試してみると思います。
    他には、Eのデータを退避させて未割り当てにはせずドライブは残したまま CとDとEをリサイズしながらクローンにするかもしれません。

    ただデュアルブートなのでコピー自体ができるのかどうかよく分かりません。

  4. 浜ちゃん より:

    返信どうも有難うございました。
    これから試行錯誤しながら試してみます。

  5. より:

    はじめまして お世話になります
     CドラSSD(TOSHIBA THNFC128GBSJ)が容量不足になり
      旧バックアップの削除等で ようやく処理速度が回復しました。
     Cドラを240Gに換装することにしました。
    INTEL 520の240Gを入れIntel Data Migration Softwareで
    処理しているのですが クローンがつくれません
    ソースにはTOSHIBAを選択し 処理中です から 次へ ターゲットデスクで
    INTEL 240を選択 すると 適用後画面に ソースデスクと同様の
    ベーシックGPT20GB FAT32パーテーションとFAT32 ベーシックGPT 200MB とC:(ベーシックGPT) 203.2GB NTFS の3個のパーテーションが表示されます 実行をいれると クローン作成と出て 再起動要求が出ます
    (ここまでは 説明書通りです)
    ところが 再起動時に、クローン作成が自動で行われません
    Intel Data Migration Softwareが再起動しません
     他のソフトを 停止させたり セーフモードで試行したりしましたが
    クローンが作れません
    対策を 教えてください

  6. admin より:

    どうも管理人です
    GPTというのが少し気になるところです
    他のクローンソフト、例えばEaseus Todo Backupなどでためしてみるのはどうでしょうか。
    残念ながらこれ以上は分かりません。

  7. aki より:

    再起動時にbootmanagerを立ち上げてAcronis~を選択するとうまくいくかもしれません。HPのPCではF9でした。

  8. いなかもの より:

    お陰様で、無事容量アップできました。ありがとうございます。

  9. admin より:

    どうも管理人です。
    お役に立てて何よりです。

コメントを残す



サブコンテンツ