CPU負荷テスト・ベンチマークテスト CINEBENCH

よく自作パソコン雑誌などで紹介されているCPU負荷テスト・ベンチマークテストのソフトに CHINEBENCH シネベンチがあります。

本格的な3Dグラフィック作成のソフトを開発している MAXONという会社が提供しているソフト。

テストは3Dシーンのレンタリングで、一定時間内ではありますが、CPUに100%の負荷をかけることができます。

かかった時間などをもとに 結果は数値で出ます。

CPUの性能テスト、負荷テスト、交換後の動作確認、CPU温度の確認などで使われているようです。

ダウンロード

ダウンロードは MAXONのサイトから。ページ下にリンクがあります。対応OSは Vista、7、8の64bit。

テストの内容については MAXONのサイトに紹介されています。

MAXON CINEBENCH

ダウンロードしたファイルと解凍したフォルダ。

ダウンロード




使い方

解凍したフォルダを開いて 実行ファイルをクリックします。インストールはしません。

実行ファイル

CHINEBENCHが起動します。

CHINEBENCH 起動

左上 CPUのところ RUNをクリックするとテストが始まります。Core i7 2600Kでテスト。

RUN

テストが始まります。

レンタリング

しばらくするとテストが終わります。

テスト終わり

テスト結果は cbという単位で表示されます。ここでは 607cbでした。下に他のCPUとの比較が簡単に表示されます。

テスト結果

スピードを競うテストでもあるので テスト中はCPUがほぼ100%フルで使われます。

Core iシリーズだと1,2分ぐらいでしょうか。それ以外のCPUだともう少し時間がかかると思います。

CPU負荷率

テスト前のCPU温度。

テスト前のCPU温度

テスト中のCPU温度。POWERSは単純に消費電力だと思います。

テスト中のCPU温度

ビデオカードのテスト

ビデオカードのテストもできます。

テストは ゲームなどの Direct Xではなく3Dグラフィック・CADなどのOpenGLをもとにしているので ゲームのベンチマークとはやや異なりますが ある程度どのくらいの性能なのかテストすることができます。

左上のOPEN GLのところで RUNをクリックするとテストが始まります。

ビデオカードのテスト

テスト中。

テスト中

1分ほどでテストは終わります。CPUと同じように結果は数値で表示されます。

Core i7 3770、GTX650、Windows 7でテストした時はこんな感じでした。

Core i7 3770

こちらは 第一世代 Core i7 860、HD5670、Windows 7。

Core i7 860

性能のいいCPUだとCPUテストは1分もかからないと思います。






コメントを残す



サブコンテンツ