デスクトップやウィンドウのキャプチャ WinShot

デスクトップやウィンドウのキャプチャでよく使われるフリーソフト WinShotの紹介。

結構有名なソフトなので使っている人も多いと思います。

パソコン上でのキャプチャは キーボードのプリントスクリーンキーでデスクトップやウィンドウのキャプチャができるのですが、頻繁に行うという場合は Winshotで行うと便利です。

ダウンロードは下記から。対応 OSはXP、Vistaなど。7は使えるという報告が多いです。8はよく分かりません。

Winshot

インストールするとデスクトップ上にショートカットアイコンができます。

ショートカットアイコン

使用するときはクリックします。するとタスクトレイに常駐します。

常駐

まずは環境設定から少し変えてみるのがいいかもです。タスクトレイのアイコンを右クリック→環境設定。

環境設定

保存先はデフォルトでは プログラムファイル内なので少々分かりにくいです。これは変更したほうがいいでしょう。

また毎回保存先を指定することもできます。

保存先の設定

よく使う作業にキーを割り当てることもできます。これも設定しておいたほうがいいでしょう。

例えば アクティブウィンドウのキャプチャをよく使うなら F1とか指定できます。

キーの割り当て

あとは割り当てたキーを押して適当に使ってみるだけです。

毎回保存先を指定するにしていると このようにキーを押してキャプチャしたあとに 保存先をきいてきます。

保存先の確認

Winshotを使うメリットにはこのようなものがあります。

  • Windows標準のキャプチャ・保存より WinShotのキャプチャ、保存は一連のスピードが早い
  • マウスカーソルのキャプチャができる(Windows標準ではできない)
  • キャプチャ時に減色・リサイズ加工ができる
  • キャプチャ直後に印刷もできる

など。その他高度な機能もあります。使用用途の幅広いフリーソフトです。






コメントを残す



サブコンテンツ