パソコンのスペック・情報を表示し、CPU温度を調べる PC Wizard 2012

パソコンのスペック・システム情報を確認し、かつCPUやHDDの温度を見ることができるフリーソフト 。PC Wizard 2010は、以前紹介したCPU-ZとEVERESTを足したようなソフトです。

PC Wizard 2010には、負荷をかけるToolが付属しているので、パソコンに負荷をかけリアルタイムで温度の推移を見ることができます。

ダウンロード・インストール

ダウンロードは下記から。CPU-ZやHWMonitorと同じCPUIDというサイトです。同じ会社が作っているフリーソフトかと思われます。最新版はPC Wizard 2012。

PC Wizard 2012

ウィザードに従いインストールします。

インストール

使い方

PC Wizardのはじめの画面です。

左のコンピュータのアイコンをクリックすると、パソコンの主要デバイスのスペック・情報が表示されます。

マザーボードのメーカー・型番、チップセット、CPU (Processor)、メモリー、グラフィック、ハードディスク、光学ドライブ、モニターなど。メーカーや型番など詳細を確認できます。

画像下部の青いところには現在のCPU稼働率が表示されています。

PC Wizard

ここはマザーボードの詳細情報です。

マザーボード

メモリーのところをクリックすると、下の画面にさらなる詳細な情報が見れます。メーカーやメモリーの規格など。

メモリー

ここはCPUの詳細情報です。L1、L2キャッシュなども分かります。

CPU
>

ここは各デバイスの温度を見ることができます。

温度

パソコンによっては表示できない項目もあるようです。

PC Wizardを起動して、最小化してる時はデスクトップ右上にCPU温度などが表示されます。

CPU温度

通常、PC Wizardを使用するときは、このアイコンをクリックします。

アイコン

閉じるときは、左上のFile→Exitで。

閉じる






コメントを残す



サブコンテンツ