独自ドメインのメールを使うメリット

どうも管理人です。

最近 いくつかの法人や事業所にいくことがありまして、少し気付いたことがあるので紹介します。

「独自ドメイン」というものについてです。

独自ドメインは、会社の場合は自社ドメインともいったりします。

ドメインというのは、インターネットのことを幅広く理解するためには、かなり重要なポイントになると思います。

たとえば いろいろなホームページにアクセスすれば URLが必ずあります。ブラウザのアドレスバーに表示されています。

そのページがどういうドメインで展開され、そのドメインのどのカテゴリに属しているかなどもわかります。インターネットというのは、無数にあるドメインの様々なページにアクセスしているということになります。

このドメインなのですが、まだまだよく理解できていないということは多いようです。

法人や事業所でメールアドレスの@以降が、プロバイダになっているケースというのは、まだまだ多いです。特に小規模・中規模な事業所でみかけます。

インターネットのプロバイダ契約に付いているメールアドレスを使用しているということです。

ocn.ne.jpとか plala.or.jp、nifty.comとかです。

例えばここで、質問します。

なぜ独自ドメインを使わないのですか?と。

すると、独自ドメインというものの意味がいまいちよくわからない、特別支障がない、変更したいけど面倒な感じがするなどの返答がよく返ってきます。

つまり独自ドメインのメールを使用していないという場合は、基本的にドメイン全般についての理解がよくできていない、独自ドメインのメールアドレスを使用した場合のメリットや便利さというものがよくわからないということが多いようです。

ドメイン+レンタルサーバー

まずドメインのことを簡単に説明します。

これはだれでも取得できます。個人でも法人でもです。

ドメインを取るということは、インターネット上で住所のようなものを取得するということです。

AAA.com、AAA.biz、AAA.jp、AAA.co.jpなど。このうちco.jpは法人専用です。やや格があるドメインと考えていいと思います。なので co.jpは申請書類が必要です。ただ法人でも .comや.jpなどにしているところは多いです。

ただドメインを取得しただけでは、まだ何もできません。

次は、サーバーを用意します。普通はサーバーをかります。レンタルサーバーともいいます。

このサーバーを借りるということは、すなわちホームページのスペースとメールサーバーを借りるということになります。

ドメインが住所ならレンタルサーバーは土地と考えることができます。

ドメイン取得とレンタルサーバーを借りることで、ホームページを公開できる、独自ドメインのメールアドレスを使用できるということになります。

独自ドメインのメールを使っていないという場合でも、ドメインそのものを持っていないということもあれば、ドメインやホームページはあるけれど 独自ドメインのメールアドレスは活用していないということがあります。後者の場合は、単に外部にホームページの制作だけ依頼してそのままになっているということが多いようです。

またホームページは運用しなくても、ドメインとレンタルサーバーがあれば、独自ドメインのメールのみ運用するということもできます。

心象的にはプラスに作用する

独自ドメインのメールを使うメリットについて考えてみます。

まず見る人は見るということです。何を見るかといいますと、ドメインをです。

ホームページを閲覧しているときにURLのドメインをみたり、メールが来たら@以降のドメインを見ます。まじまじ見るわけではありませんが、チラッと確認する感じで見ます。

そこでやはり独自ドメインであれば、「なるほど」「独自ドメインか」ぐらいの感じでまあ心象的に問題なしかややプラスでしょうか。co.jpならその会社が実在していることをさらに証明するという感じで 職種にもよりますがやはりプラスに作用する傾向があります。co.jpはドメイン取得の際に登記簿などの書類が必要になるからです。

法人や事業所からのメールでプロバイダのドメインで来たらどうでしょうか?

これは受け取った人にもよりますが、なかには「?」「なぜ独自ドメインではないのか?」など少し考える人もいるかもしれません。

プロバイダメールやフリーメールというのは、迷惑メールやスパムメールの発信元としても使われることがあるので、それらと同じドメインから会社の公的な文書や見積書・事業に関連したメールなどが来るとやはり受け取った人の中には 不信感を抱いたりすることもあります。

そしてさきにいいましたように、独自ドメインを使用しない=ドメインについて理解ができていないということが多いので、「組織的にIT全般に弱い」「時代の流れについていっていない」「規模が小さい」ということを類推される、イメージ的に持たれる可能性があります。

つまり法人や事業所でプロバイダメールを使う場合は、プラスに作用するより ややマイナス面が出やすいということは考えられます。

メールアドレスがたくさん使用できる

プロバイダのメールでは、数を増やそうと思っても限りがあったり、追加するたびに有料になることもあります。

独自ドメイン+レンタルサーバーでは、だいたい50個、100個~無制限というところが多くなってきています。

取得できるメールアドレスの数が非常に多いということです。

管理がスムーズにできる

メールアドレスを追加したり、削除したり、変更したりする場合は、レンタルサーバーにログインして管理画面で行います。プロバイダの場合も、プロバイダにログインして管理しますが、使いやすさ・管理のしやすさではやはりレンタルサーバーのほうになります。

使用しているメールアドレスの一覧が出てきて、メールアドレスのパスワード変更なども自由に行うことができます。

たとえば新たに従業員や社員の方が増えたのでメールアドレスを割り当てたいというときに、独自ドメインでは簡単に増やしてすぐに使用することができます。

レンタルサーバーにもよりますが、同じメールをパソコンだけでなく携帯電話・スマートフォンや他のパソコンにも転送したりする追加機能もあります。

愛着がでる

やはりプロバイダメールより独自ドメインのメールの方が、使っていて愛着がでると思います。

SOHOとか起業している方の場合は特にそうではないでしょうか。あと会社や事業所でメールを使う方もやはり会社の独自ドメインだとなんとなくプロバイダメールより使いやすくて自信がもてるというのはあると思います。

ドメインは重複しない

まだドメインを持っていないという場合なのですが、ドメインは世界中で重複することはできませんので、希望のドメインが取れなかったら第二希望とか第三希望のものになります。

先着順ということになります。

法人や事業所で、規模が大きくなっていざドメインを取ろうかと思ったら、いちばん希望していたドメインがとれなかったということも出来てきます。

またメールアドレスとは関係ないのですが、ホームページを将来的に作って運用したいということも出てくると思いますが、一般論として、ドメインは運用年数がポイントになることがあります。すぐにドメインを取ってホームページを公開すればそれですぐに活用できるかというとそうもいかないこともあります。

例えて言うと勤続年数みたいなものです。長くコツコツ積み上げているところが、信頼を得ていくようにドメインも運用年数は評価の基準になるといわれています。

なので法人や事業所では、面倒だからとあまり先延ばしをするよりも、長いビジョンを見据えて早めに手をうっておくということも大事です。

他にもメリットはあると思うのですが、とりあえず思いついたところ紹介してみました。

プロバイダメール→独自ドメインのメールの変更は、もちろん維持費は少しかかりますが、マイナスに作用するよりもプラス面のほうが多いのではないかと思います。特にやはりメールを受け取った人の心象にやや影響がでるということが大きいかもしれません。職種やジャンルにもよります。

現時点でドメインがあり、ホームページだけ運用しているという場合は、独自ドメインのメールアドレスがすぐに使える可能性があるので、確認してみることをお勧めします。






コメントを残す



サブコンテンツ