HDD交換による起動速度・レスポンスの違い

パソコンの起動速度・レスポンスを決めるのは、CPUやメモリーが一番大きいと思われがちですが、それ以外にもハードディスクは特に影響が大きい部品です。

今回はHDD交換による起動速度・レスポンスの変化がどれぐらいなのかを解説してみたいと思います。

HDD交換による起動速度・レスポンスの改善というのは、メモリー増設ほどは知られていないと思います。

しかしHDD交換によってパソコンの起動速度・レスポンスは改善することは非常に多いのです。

HDDの使用期間が長ければ長いほどその変化は体感できるようです。なぜ改善するかというと、HDDも、より早く高密度・大容量・高回転に進化しています。当然総合的なスピードはアップしてきます。

回転数

先ず回転数があります。

ハードディスク内の磁気ディスク (プラッタ)が1分間にどれだけ回転するかです。

回転が速いほど、多くのセクタ(領域)をヘッド (磁気ディスクを読み込む針のような部品)で読み込むので速くなります。

回転数は5400回転、7200回転、10000回転 (一部のデスクトップ用)などがあります。ノートパソコンの2.5インチハードディスクでは、主に5400回転、デスクトップパソコンの3.5インチでは、主に7200回転が使われます。

例えばノートパソコンのハードディスクを、5400回転から7200回転にすれば当然スピードは上がります。

記録密度

次にあげられるのがプラッタの記録密度です。

例えばですが、縦横1cmの枠の中に500コのセクタがある領域と、その倍の1000コのセクタがある領域があるとします。

ここでヘッドが1000コのセクタを読み込む作業をするときに、縦横1cmの枠の中に500コのセクタがある場合は、もう一つの縦横1cmの枠を読み込んで 1000コです。

それに対して 縦横1cmの枠の中に1000コのセクタがある場合は、その枠のみ読み込みます。

つまりヘッドの動きが少なくて済むのは、記録密度が高い 1000コのほうです。500コのほうはヘッドが倍 動かなくてはなりません。

記録密度が多いということは、ヘッドの動作が少なくて済む=読み込みが速いということになります。少ない動きで多くのセクタを読み込むことができます。ヘッドが移動している間の待機時間・待ち時間が少ないのです。

なのでハードディスクでは、よくプラッタあたりの容量がいわれます。記録密度が高いほどヘッドの動きは少なくなり、動作音も少ない傾向があります。

他にも、キャッシュ (一時メモリーのようなもの)やファームウェア (基盤)なども新しいハードディスクほど改善されているので、いろいろな意味でメリットが多いといえます。

交換前

Windows XPのデスクトップパソコン (自作パソコン)です。

3.5インチ SATAのハードディスクで容は160GBになります。このハードディスクは、2006年発売のものです。 7200回転、キャッシュ8MB 、1プラッタは160GBでプラッタ1枚構成。

約10000時間ほどの使用。3,4年使用したと思います。パソコン起動時やソフト使用時にコロコロ、カラカラとHDDにアクセスする度に音が目立つようになりました。

あのカラカラ、コロコロというのはハードディスク内のヘッドが動作して読み込む音です。

不良セクタは修復済みで、壊れているわけではありません。

Hitachi

CrystalDiskMarkにてベンチマークテスト。

CrystalDiskMark

交換後

交換に使用したSeagate社製 ST3500413AS 500GB。

発売日は2011年です。7200回転 キャッシュ16MB、1プラッタは500GBでプラッタ1枚構成。

Seagate

前のHDDから新しいHDDには、OS・データを丸ごとコピーしています。数値では交換前と比較して2倍近く良くなっています。

当然パソコンのレスポンスは良くなり別のパソコンのようになりました。パソコン起動後にコロコロ、カラカラと鳴っていたHDDアクセス音もほとんどなくなりました。高密度プラッターになったためです。

ベンチマークテスト

ベンチマークのテストでは、ほぼ倍近く良くなっていることが分かります。特にこれはプラッタが160GBから500GBになったのが大きいと思います。

起動速度の違い

起動速度の違いはBooTRacerを使用して比較してみました。
下記が交換前。

パソコンの電源を入れHDDにアクセスしてから、大体1分前後で起動しています。一番右の数字が起動にかかった秒数。3回TESTして、68秒、65秒、65秒。

交換後

交換後。3回TESTして、41秒、39秒、43秒。

BootRacer

ハードディスクを交換すると、パソコンの起動速度だけではなく、その他アプリケーションの起動や動作の速度も改善される傾向があります。

実際のテスト結果以上に体感的に違いが分かるものです。

壊れているハードディスクではもちろんですが、古いハードディスクを使用している場合は、新しいハードディスクに交換ことでパフォーマンスが向上することが期待できます。






“HDD交換による起動速度・レスポンスの違い” への3件のフィードバック

  1. ベリー より:

    初めまして。
    ここ最近ですが、こちらに何度も訪問させていただいてます。
    わかりやすく丁寧で、とても助かってます。

    ここで、個人的な質問して申し訳りません。

    実はPC画面が何度も黒くなり、あちこちで検索したところ
    自己判断ですが、HDDの損傷だろうと思いまして
    SSDに交換しようと思い立ち
    交換にあたって、また色々調べてみたのですが
    なぜか自分のPC型番が見つからなかったので
    これで大丈夫だろうと、適当なSSDを注文して取り付けたのですが
    エラーが出て、また悪戦苦闘してました。
    ただSSDに移行するのに、気になる部分はあったんです。
    AFTと非AFTです。
    自分のPCやHDDを調べても出てこないので
    もういいや・・・大丈夫だろうと、SSDを買いました。
    たぶんエラーの原因は、これだと思うのですが
    クローンをつくれば、
    なんとかなりそうだというのはわかったのですが
    壊れてるであろうHDDから、クローンは作れませんよね?
    ぞれに至るまでに、わからないことだらけで
    合うHDDを買うのが、手っ取り早いことに気づきました(笑)
    そこでまた思ったのですが、新しいHDDを無事取り付けできたら
    そこからクローンを作って、SSDに乗り換えることは可能でしょうか?
    長々と、申し訳ありません。

  2. admin より:

    同じ型番のハードディスクなら HDD交換してリカバリー、その後クローンというのがいいかと思います。

  3. ベリー より:

    お忙しいところ、ありがとうございました^^

コメントを残す



サブコンテンツ