WD5000AAKX 500GB

Western DigitalのWD Caviar Blueシリーズ SATA ハードディスク 500GB WD5000AAKX。

WD Caviar Blueシリーズの現在の主力ハードディスクで、500GBは特に人気があるハードディスクの一つです。他に1TB、750GB、320GB、250GBがあり、いずれもプラッタは500GB。1TBの型番は、WD10EALX。750GBの型番は、WD7500AALX。

同じ WD Caviar BlueシリーズのWD5000AAKSと型番が似ていますが、AAKXの方が新しい型番です。

AAKSは製造された年や末尾の細かい型番でプラッタ構成が160GB~500GBで、SATA 3 Gb/s。それに対して、AAKXはプラッタは500GBの1枚構成で、SATA 6 Gb/s、キャッシュ16MB。1TBのWD10EALX、750GBのWD7500AALXは500GBのプラッタ2枚の構成、キャッシュは32MBになります。

500GBとしては、HGSTの0S02600やSeagateのST500DM002などとほぼ同世代、同性能になります。いずれも500GBのプラッタ1枚。シェアが高いWestern Digitalということもあって、WD5000AAKXが一番人気があります。

Western Digital Caviar Blue WD5000AAKX。

Caviar Blueシリーズなので、非AFTのハードディスクになります。XP、Vista、7などで使用できます。

WD5000AAKX

クリスタルディスクインフォで見ると末尾型番がありますが、AAKSのようにプラッタ容量の違いなど大きな差異はないと思います。

ベンチマークテストです。データドライブとしてテスト。上からXP、Vitsa。ほとんど同じです。

XP

Vista






コメントを残す



サブコンテンツ