Windows 7 64bitでメモリー8GBを使う

Windows 7が出てから、32Bit OSから64Bit OSへの移行がずいぶん進んだと思います。

XPやVistaでももちろん64bit OSはありましたが、メーカー製パソコンでも自作パソコンでもほとんどが32bit版で使用されていました。

64bit版は価格も高かった上、そもそもいろいろなアプリケーション・ドライバなども対応していなかったので、64bit版のOSはあまり見かけることはありませんでした。

Windows 7 出た当初はメーカー製パソコンははじめは32bitが多かったですが、徐々に64bit版が主流になり今ではほとんどが64bit版ではないかと思います。

自作パソコンで使用する DSP版 Windows 7も購入時に、「32bitにするか64bitどちらにしますか?」と聞かれますが、価格は同じなので通常は64bitを選択します。

ほとんどのアプリケーションや周辺機器のドライバが、Windows 7の64bitに対応していますので、特別な理由がない限り、64bitを選択するといいかと思います。

またメーカー製パソコンの場合も、WIndows 7が32bitなのか64bitなのかは後々のことを考えても把握しておいたほうがいいです。

32bitより64bitのOSのほうが若干早いというのも聞いたことがあります。あと32bitと64bitの違いは、なんといっても最大メモリー搭載量の違いですね。

32bitは4GBまで、64bitはそれ以上のメモリーを搭載してパソコンを動かすことができます。

さて今回、WIndows 7 64bitの自作パソコンに、W3U1333Q-4G (4GB×2)を使用してみました。2GB×2からの変更です。

W3U1333Q-4G

このメモリーよく売れてますね。価格.COMやAmazonでも人気があります。CDFの販売で、チップがelixir (エリクサー)。CFDはバッファローと同じメルコグループ。チップのelixerはNANYAの子会社・サブブランドです。elixerは緑基盤と青基盤 両方あることで知られていますが、単に生産ロット・生産時期の違いといわれています。通販などでは、購入したのが緑基盤と思ったら青基盤だったりとか。

メモリー規格はDDR3 1333 (PC3-10600)。

W3U1333Q-4GB

JEDEC準拠と永久保証。

増設はWindows 7 64bitの自作パソコン。以前紹介した P5G41C-M LX LGA775のマザーボードです。W3U1333Q-4Gの4GB×2枚をセット。

4GBを2枚

biosで無事に認識。

bios

システム情報でも8GB。

起動速度はどうだろうと思い、bootracerで簡単に測定してみました。あまり使用していないパソコンですが、メモリー増設後、さらに若干ではありますが早くなりました。実際に体感するのはいろいろなアプリケーションを動かしたりした時かなと思います。

増設前 4GB

増設後 8GB

ATXのマザーボードは、メモリースロットが4つはあるので、W3U1333Q-4Gを2セットで、合計16GBという使い方をしている人も多いですね。

ノートパソコン

ノートパソコンでも増設する機会がありましたので紹介します。

メーカー製パソコンの場合は、バッファローとかで型番を検索して調べるのが一番いいですね。

DDR3ならバッファローのメモリーでも非常に安くなっています。

今回使用したのは CFD デスクトップ用のノートパソコン版。W3N1333Q-4G。4GBが2枚セットで入っています。これも人気があります。DDR3-1333 (PC3-10600)です。

ノートパソコンの2GB×2枚 計4GBからの変更です。

ノートパソコン

4GB×2枚の計8GBに交換しました。

4GB×2枚

増設前。Windows エクスペリエンスインデックスのメモリは、5.9。

増設前

増設後は 7.5になりました。

増設後

WIndows 7の一番の恩恵はこの大容量メモリー搭載というのがあると思います。

メモリー価格が安くなったというのもありメーカー製パソコンにしろ自作パソコンにしろ 今後のWIndows 7は、8GBから16GBが主流になってきそうです。

パソコンのメーカーや機種によって 対応するメモリーなどは異なります。メモリー増設を参考にされてください。






コメントを残す



サブコンテンツ