自作パソコンのケース交換 ミニタワーとミドルタワー

自作パソコンで、ケースの交換してみました。着せ替えです。

自作パソコンの他に、ショップ系のパソコンなら基本的にケース交換はできると思います。使用されているマザーボードが、自作パソコンと同じ ATXやMicroATXの規格であればいいわけです。パソコン工房、ドスパラ、Twotop、マウスコンピューター、アプライド、Frontierのパソコン、他にSotec(現Onkyo)の一部機種などが該当してくると思います。

こうしたショップ系のパソコンをBTOパソコンともいいます。

PCケースのサイズには、ミニタワー、ミドルタワー、フルタワーなどがあります。他にもスリムタイプ、キューブ型とかありますけど、自作パソコンといえば、基本はミニタワー、ミドルタワー、フルタワーですね。ショップ系のパソコンもだいたいこのへんのものが主力になっています。

今回 新たに用意したケースはこちらです。中古品です。これはドスパラのPrimeシリーズのミドルタワーケースです。ドスパラのゲームパソコン Galleria(ガレリア)で使用されています。YMケースともいいます。でもいまは、CBケースというのに変わっていっているので YMケースはひとつ前の世代のケースになります。ドスパラの主力パソコンで使用されていたとだけあって、このケースは単体でもそれなりに人気があるみたいです。

今回は、Primeシリーズのミドルタワー YMケースの紹介をしながら、自作パソコンのミニタワー、ミドルタワーについて解説していきたいと思います。

Prime YMケース

今回交換するのは こちらケースです。外見はちょっと変ですが、これはミニタワーのケースです。フロントパネルは、面倒だったので取り外してます。一応パソコンとしては普通に動きます。たまに気が向いたときに電源入れて使っています。わかりにくいですが結構パソコン内部は混み合っている感じです。

ミニタワー

ケース交換にいたったきっかけは、グラフィックボードを追加したら、SATAにアクセスしにくくなったこと。SATAに抜き差しするのにグラフィックボードを取り外さないといけないような状況。ミニータワーではよくあることと思います。

SATA

ケース交換では、もともと付いていたパーツを外していくのですが、結構簡単です。グラフィックボード、マザーボード(ネジとフロントパネルの配線)、光学ドライブ、電源の順で外していきます。マザーボードもCPUやメモリーは付けたままなので楽ですね。

パーツ取り外し

こちらが今回のPrime YMケース。

YMケース

ここで Prime YMケースの紹介。前方のベイ群。

ベイ

HDD用の3.5インチベイは着脱が可能で、HDDの増設も安全に行えます。防振ゴムが付いています。

3.5インチベイ

反対側。

反対側

後方。

後方

フロントパネルは取り外せます。

フロントパネル

取り付けていきます。電源→マザーボードのIOパネル→マザーボード→その他もろもろと取り付けます。ミニタワーにはMicroATXのマザーボードしかはいりませんが、ミドルタワーには ATXとMicroATXの両方のマザーボードを取り付けができます。ネジの場所は同じです。

取り付け

ひとつ気付いたのが、マザーボードの土台です。ATX用に作られています。MicroATXだと赤枠の2箇所が足りません。これは高さが違うので 通常の六角スペーサーでは補うことができませんでした。もともと付いている土台も取り外しできるものではありませんでした。

土台

しかしそれほど大きな問題ではないと思います。赤枠の部分は足りませんが、緑のところでは固定されています。PCIやマザーボード下部で力を入れたりすることがないよう気を付ければ問題なさそうです。
PCI

スイッチボタンのケーブル。

スイッチケーブル

もうひとつ気付いたことが、HDDの固定方法についてです。防振ゴムが外側と内側にあるので、通常のインチネジでは届きません。

防振ゴム

ロングタイプのインチネジで固定しました。(写真右)

ロングタイプ

PLANEX 六角インチネジ ロングタイプ

交換が終わりました。ミドルタワーにMicroATXのマザーボードが入ったところ。ミニタワーに比べると広々としてます。

組み立て後

下の方にはスペースができます。ミドルタワーにMicroATXのマザーボードを入れるとこんな感じになります。

スペース

はじめはきずかなかったのですが、この棒の右側を通して電源ケーブルを各パーツにもっていくと、配線がマザーボードに干渉しにくいのです。

棒

ミニタワーとミドルタワーは、比較するとこれぐらい違います。

比較

パソコンを自作する際、もしくはショップ系パソコンを購入するは、ミニタワーとミドルタワーのどちらにするかになってくると思います (さらに大きいフルタワーもあります。)。この場合、一般的にはミニタワーにはMicroATXのマザーボード、ミドルタワーにはMicroATXかATXのどちらかのマザボードが入っています。

好みの問題というのがひとつあります。それと、場所・スペースの問題ですね。ミドルタワーはケースによって奥行きが異なることもあります。

グラフィックボードの観点からすると、1スロット占有のもの、マルチディスプレイが目的などローエンドなグラフィックボードならミニタワーでも問題無いと思います。2スロット占有のグラフィックボードなどになるとミドルタワーのほうが楽です。

あと購入後に、パソコン内部にアクセスしていろいろ扱いたいとか、グラフィックボードやハードディスクを増設する予定があるなどの場合は、ミドルタワー、とりあえずパソコンが使用出来ればそれでいいという場合はミニタワーという感じでしょうか。組み立てやすさは、やはりミドルタワーだと思います。中が広いので、パーツ同士をぶつけたりということも少ないのです。

今回のようにはじめはミニタワーにして、あとから必要に応じてミドルタワーのケースに交換するという方法もあります。このへんもまた自作パソコンのいいところです。






コメントを残す



サブコンテンツ