Acronis True Image WD Edition

Western Digitalのハードディスクを、システム用あるいはデータ用としてパソコンに接続しているなら、Acronis True Image WD Editionが使用できます。Western Digitalが無償で公開しているソフトで、Western Digitalのハードディスクを接続しているパソコンでのみ使用できます。

有償版 AcronisのWD Edition (無料)ということで、一部の機能は省かれていますが、HDDクローン作成やWindows丸ごとバックアップなどは使用できます。

Western Digitalのハードディスクを使用していて HDDクローンやバックアップをとりたいというのであれば、無料のこのソフトを使用するという方法もあります。


ダウンロードとインストール

ダウンロードはWester Digitalのホームページから。日本語対応です。マニュアルもあります。ヘルプには、Windows XP SP3、Windows XP Professional x64 Edition、Windows Vista SP2 (全エディション)、Windows 7 (全エディション)で動作確認済みとあります。

Acronis True Image WD Edition

ダウンロードしたファイル

インストールを開始します。なおこのときパソコンにWestern Digitalのハードディスクが接続されていないとインストールを続行することはできません。

ウィザード従いインストールを進めます。

インストールが終わったら、再起動が必要です。

HDDクローン 使い方

コピー元あるいはコピー先に、Western Digitalのハードディスクが接続されているとHDDクローンを行うことができます。ここではWestern Digitalのハードディスクを追加してコピー先として使用しています。接続後の状態。ディスク1が追加した新しいハードディスクになります。

Acronisを起動します。

空のディスクを接続しているとメッセージが表示されるようです。いいえ。

Acronisの起動画面。ディスクのクローン作成へ。

自動か手動を選択します。手動にするとクローン時にパーティションサイズを変更することができます。

ソースディスク (コピー元)を選択して次へ

ターゲットディスク (コピー先)を選択して次へ

ターゲットディスクの適用前と適用後の状態が表示されます。実行

処理中の画面。再起動させます。

クローン作業後、自動的にシャットダウンさせる場合はチェックを入れます。クローン作業が終わり電源が切れたら、ハードディスクを入れ替え起動させます。

バックアップ

ドライブ・パーティションのバックアップも、通常版のAcronisとほとんど同じ方法になります。

通常版 (有償版)のAcronisとの違いは、差分・増分バックアップができないことと、スケジュール設定ができないことです。

しかし新規バックアップは取ることができるので、最低限のバックアップはとれるので便利ではあります。

Acronis 起動画面のバックアップから進みます。

バックアップをとるパーティションにチェックを入れ次へ。ちなみにここではディスク2がWestern Digitalのドライブです。

バッツクアップ先を指定するため、参照をクリック

保存先のドライブを指定します。新しいフォルダの作成。予めフォルダを作成していれば、新しいフォルダを作成する必要はありません。

適当にフォルダを作成してOK

名前の生成をクリックします

MyBackup.tubという名前が自動で付けられます。OK。

確認画面。次へで進みます。

実行

処理中です。バックアップが終わったらOK。






コメントを残す



サブコンテンツ