Ntfs.sysエラー 「次のファイルが存在しないか壊れているためWINDOWSを起動できませんでした」

Windowsが起動しないトラブルのひとつに、黒い画面に 「次のファイルが存在しないか壊れているためWINDOWSを起動できませんでした。」というのがあります。

今回は、「System32¥Drivers¥Ntfs.sys」と表示されたパソコンで、経験したことを交え解説してみたいと思います。

「次のファイルが存在しないか壊れているためWINDOWSを起動できませんでした。」というメーセージにはいくつかの種類があり、対処法もさまざまです。今回は下記のようにNtfs.sysと表示されています。


Ntfs.sys

一般的には、ハードディスク不良によるNtfs.sys ファイルの破損、またハードディスクをFAT32ファイルシステムからNTFSファイルシステムに変換した際などにNtfs.sysファイルが破損したことが原因であり、対処法としてハードディスク交換やNtfs.sysファイルの書き換え、リカバリーなどがよく解説されています。

しかし、このNtfs.Sysはメモリーのトラブルにより発生することもあります。

これはメモリーのテストをすることではっきり知ることができます。実際にエラーのある増設メモリーを外すとWindowsが起動したという報告もあります。

またメモリートラブルでNtfs.sysエラーが出ている場合、WindowsセットアップCDを使用した回復コンソール画面で進めない、HDD交換やリカバリーをしていてもこのメッセージがでるということがあります。

増設メモリーではなく、マザーボード上のオンボードメモリーの不良でこのメッセージが出るなら、いわゆるマザーボード不良ということになりパソコンの修理・修復は非常に難しいといえるかと思います。

Ntfs.sysのエラーをはじめ、パソコン電源投入後に、黒い画面で 「次のファイルが存在しないか壊れているためWINDOWSを起動できませんでした。」というメーセージ出てパソコンが起動しないことがありますが、このエラーは、ハードディスク不良でよく表示されます。

ハードディスクが壊れているので、ファイルも破損しているという状況です。

ただまれに今回のように、メモリー不良でも表示されることがあるようです。

ハードディスクにアクセスするタイミングで、メモリーの致命的なエラーが出てハードディスクのアクセスに失敗するということでしょうか。

こうした 「次のファイルが存在しないか壊れているためWINDOWSを起動できませんでした」メッセージが表示される場合は、先ずはハードディスクテストメモリーテストを行なってみるのがいいかと思います。






“Ntfs.sysエラー 「次のファイルが存在しないか壊れているためWINDOWSを起動できませんでした」” への2件のフィードバック

  1. ダイナブックtte遅いよorz より:

    メモリーによるNtfs.sysエラーはまれという事ですが、そのまれなケースになりましたw
    ノートの為に、中古でメモリーを買ったんですが、謎なのは装着後には起動し、快適に使えた事です。
    次の日電源を入れると、Ntfs.sysが無いからCDを入れろと言われました、何度起動しても同じだしCD入れても画面が進まないし、まさかと思いメモリを元に戻したら、あっさり起動しました。
    最初の一回目の起動は夢だったのか・・・
    やっぱメモリーの中古はダメですかね?

  2. admin より:

    接触不良ではないかなと思います。

コメントを残す



サブコンテンツ