0x0000008E ストップエラー

今回はブルースクリーンのエラーコード 0x0000008Eの解決までの解説です。解説というより何が原因であったかという、原因の紹介です。

残念ながらスクリーンショットをとっていないのですが、エラーコードは0x0000008Eでした。どういうときにこのブルースクリーンが出てくるかというと、マウス操作をしていないときなど。つまりパソコン操作をしていないときです。操作をやめて2,3分すると必ずブルースクリーンになります。デスクトップ画面、ユーザーログイン画面などで出ます。パソコンの操作をしているとき、何か作業をしていてマウスやキーボードを使用している時は出ません。そんな状況でした。

ブルースクリーンにおける私の対処法は、メモリーテストとハードディスクテストです。これでエラーが出ない場合は、状況を観察してマザーボード、Windowsなどを疑います。

今回のトラブルは、メモリーテスト、ハードディスクテストは通常どおり行いましたが、エラーはなしです。

ウイルス対策ソフトのインストールがされていないパソコンでしたので、Avastでもインストールしようとしてダウンロードするためサイトに行くもページが開けません。またスーパーアンチスパイウェア、AVGなどを利用しようとしたらダウンロードは出来ても、インストールが出来ません。要するに通常のインターネットはできるが、セキュリティソフト関連のサイトが開けないか、開いてダウンロードしてもインストールできないという現象です。
これはつまりウイルスに感染しているとしばしば見受けられる現象です。過度の感染、重度の感染といえます。ウイルスの仕業でセキュリティソフトをインストールさせないようパソコンが制御されていることになります。

ためしにこのパソコンのHDDを取り外し、Windowsのフォルダのみを指定してウイルスチェックしてみたところウジャウジャと感染していました。

ウイルス感染

ウイルスによるWindowsやドライバの破損が、ブルースクリーンにつながっているものと分かりました。ひょっとするとウイルス単体の仕業でブルースクリーンになってたかもしれませんが・・・いずれにせよMSのサイトでもウイルス感染により、この0x0000008Eエラーが出ることがあると解説されています。解決策は感染の度合いにもよりますがリカバリーがいいかと思います。






コメントを残す



サブコンテンツ