NTLDR is missingのメッセージが出て起動しない

パソコン電源投入後、「NTLDR is missing Press CTRL+ALT+DEL to restart」とでてWindowsが起動しないトラブルがあります。これは一般的にHDDやハードの不良ではなく、Windowsの起動に関するファイルの損失や損壊が原因でこうなることがほとんどのようです。なので基本的に中のデータはまず大丈夫です。これはエラメッセージにあるとおり、NTLDRというWindowsの起動ファイルが見当らないということを告げています。

解決する方法・対処法としては、WindowsインストールCDによる回復コンソールがあげられます。XPインストールCDを使用し、BIOSで起動順位1番目にしてブートする。その後回復コンソールへ。(メーカー製のリカバリーCDでは回復コンソールへは入れません。自作PCなどで使用するXPの原版(金色のCD)などがWindowsインストールCDです。)

以下回復コンソール

  1. C:¥WINDOWS
  2. C:¥WINDOWS>cd ..
  3. C:¥>copy D:¥i386¥NTDETECT.COM 上書きメッセージが出たらYes
  4. C:¥>copy D:¥i386¥ntldr 上書きメッセージが出たらYes
  5. C:¥copy D:¥i386\bootfont.bin 上書きメッセージが出たらYes
  6. C:¥EXIT

基本的にはこれで解決すると思いますが、補足として下記のコマンドも一応紹介します。

  1. C:¥WINDOWS>fixboot メッセージが出たらYes
  2. C:¥WINDOWS>fixmbr メッセージが出たらYes
  3. C:¥WINDOWS>chkdsk /p/r チェックディスクが100パーセント終わるまで待つ
  4. C:¥WINDOWS>EXIT

それでもだめな場合は、Boot.ini再構築

  1. C:¥CD ..
  2. C:¥ATTRIB -H C:\boot.ini
  3. C:¥ATTRIB -S C:\boot.ini
  4. C:¥ATTRIB -R C:\boot.ini
  5. C:¥del boot.ini
  6. C:¥BOOTCFG /Rebuild 入力が必要(Microsoft Windows XP Home Editionの次に/fastdetect)
  7. C:¥EXIT

また「NTLDR is comprssed Press Ctrl+Alt+Del to restart」と出たら、下記のコマンドでOKらしいです。

  1. C:¥Windows>CD ..
  2. C:¥ATTRIB -C C:NTLDR
  3. C:¥EXIT

原因(Cause)には単純なところでBIOSの設定、HDDケーブルの不良や外れ、新しいHDDの追加などが考えられます。また最も多いのは前述した起動ファイルの損失や損壊などです。これの原因としてCドライブ直下に大量のファイルのコピー、またCドライブ直下にあるNTLDRなどの起動に関するファイルをいらないファイルと勘違いしてゴミ箱へすてるなどがあります。

このトラブルを起こさないためにも、Cドライブ直下(Cドライブ)を開いてすぐのところに大量のデータ・ファイルをコピーしたりおいたりするのは避けましょう。また見たこともないファイルだからといって削除するのもやめておいたほうが無難です。

フォルダオプションで「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックが外れているとシステムファイルの削除や移動などの誤操作につながります。下記はチェックをオフにしてCドライブを開いた状態。

オペレーティングシステムファイル

フォルダオプションの「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」はよほどのことがない限りは、チェックをいれておいたほうがいいです。

フォルダオプション

チェックをオンにして開いたCドライブ

Cドライブ






“NTLDR is missingのメッセージが出て起動しない” への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    超助かりました。

    危うく再インストールするところでした、危なかった・・・・

コメントを残す



サブコンテンツ