Hard Disk:S.M.A.R.T. Status BADが出たら・・

マザーボードのBIOSには、POSTと呼ばれる機能があります。

POSTは、Power Of Self Testの略で、自己テストの意味です。

ほぼすべてのパソコンで POSTは行われます。BIOSの機能ですね。

接続されている機器に問題がないかどうかなどをチェックして、問題がなければそのまま何も表示されずに起動し、何らかの問題を検知したらメッセージが表示されます。

こういうのがPOST画面。

自己診断中の画面。基本的に全部英語ですね。メーカーロゴとかマザーボードロゴの後に出てくることがあります。マザーボードによっては問題がなければ、一瞬だけ表示されたり、表示そのものが省略されていたりします。

POST画面

何か問題を検知すると英語でメッセージが出ます。あまり問題がない場合でもメッセージが出ることはあります。例えば、キーボードやマウスが付いていない時、CPUを交換した後やメモリーを増設した後など。このへんはパソコンメーカーやマザーボードのメーカーによって異なります。

Press F1 to continueとか、Press F1 to Resumeなどと出ます。この場合 問題があったとしても F1キーを押せば次へ進めます。

F1キー

F1で次へ進み Windowsが起動させることはできるのですが、POST画面で一度停止している場合は、結構大事なメッセージが出ていることがあるので、よく確認しておいたほうがいいです。

今回紹介するのはこれ。結構有名ですが、S.M.A.R.T. Capable and Status BAD、または Hard Disk:S.M.A.R.T. Status BADと出たりします。

ハードディスクは2つ搭載しているのですが、1つは S.M.A.R.T. Capable and Status OKで問題ありませんが、もう一つがエラーを出しています。

HDD SMART エラー

これは、ハードディスクのエラーです。

ハードディスクには、どのくらい不良セクタがあり、どのくらい代替処理を行ったかという情報が記憶されていて、これをS.M.A.R.T. (自己診断機能)ともいいます。

このスマートの「状態が悪い」とエラーを出していることになります。

英語ですがよく見ると Status BADとあります。

国内のメーカー製パソコンでは、日本語で「SMART機能でエラーが検出されました。」「すぐにデーターをバックアップして、交換してください。」「キーを押すと、継続します。」などのような警告やメッセージが出ます。

経験上の話にはなりますが、ある程度 末期状態が近づいているときに Status badのエラーは多いと感じています。

試しに この状態でWindowsを起動させて、クリスタルディスクインフォで見ると下記のような状態でした。

クリスタルディスクインフォ

起動しなくなる直前といったところです。実際に使っているとフリーズしたり、一瞬ブルースクリーンになって再起動など。たまに Operating System not foundが出て起動しないことも。

不良セクタが多すぎて代替処理が追いつかず、代替処理保留中とか回復不可能セクタが出ています。

代替処理はハードディスクではよく行われるのですが、上記のように代替処理が出来なくなるとハードディスクはいよいよ危険な状態になってきます。

POST画面の Hard Disk:S.M.A.R.T. Status BADのエラーは、代替処理が限界にきているときに出ているものが多いようです。

Hard Disk:S.M.A.R.T. Status BADのエラーが出てても、POST画面で F1キーを押せば次へ進むことはできるのですが、繰り返しそれを行なっていると症状はどんどん悪化していきます。

まずPOST画面で一度停止している場合はメッセージをよく読むということが大事ですね。

何かが引っかかってるわけなので、意味がないことはないということです。英語なのですが、ほとんどが簡単な文章になっています。

そして、これがHDDのエラーなら、バックアップをはじめすぐに対応したほうがいいということになります。






コメントを残す



サブコンテンツ