Windows 7 メモリー1GBはさすがに重い

XPのサポートが終わり 4月以降にWindows 7に変更した人は非常に多いと思います。

企業や法人などでも セキュリティ上の問題もあり 大幅な入れ替えがあったと考えられます。

先日 Windows 7のパソコンでメモリー1GBというパソコンを見ることがありました。

NECの法人モデルのパソコンです。要するにNEC Mateシリーズです。スリムタイプのパソコンですね。

4月に法人でパソコンの入れ替えをしたと聞きましたが、実際にはこういうパソコンはそこそこあるのかもしれません。

あと中古パソコンでもWindows 7でメモリー1GBというはあります。

やはり メモリー1GBというのは少ないと考えていいと思います。

Windows 7なのに遅いという場合は、メモリーをまず確認してみるべきです。

経験上ですが、1GBではメモリーそのものが不足している感があります。遅いです。

2GBでもやや遅いです。

4GBでまあ安心というところでしょうか。

NEC Mateシリーズ。 1GB。メモリースロットは多めの4つあるのですが、1GBのメモリーがひとつだけ付いています。

メモリー1GB

ここで 1GBを外し、2GBを2つ取り付け。合計4GB。

メモリー2GBを2本

まあ別に1GB残して2GB追加でもいいと思いますし、1GB取り外して2GBを2本でもいいと思います。

OSが32bitの場合は4GB以上は増設しても使うことができませんので、3GBにするか4GBにするかになります。

法人モデルや中古パソコンでは 32bitのWindows 7というのはおそらく多めです。

パソコンによってどういうメモリーが取り付けることができるかは多少違いますので、バッファローのサイトで調べます。メモリー増設を参考にされてください。

ほとんどのメーカー、ほとんどの機種で型番を入力すれば取り付け可能なメモリーを知ることができます。

Windows 7の世代は DDR3と規格がほとんどです。

DDR3は、さらにPC3-8500、 PC3-10600、PC3-12800とかに分かれます。

Windows 7 1GBや2GBで製造・発売されたパソコンや中古のWindows 7というのは、PC3-8500、PC3-10600とかが多いです。

あとはそのメモリーを準備して取り付けます。

メモリーはバッファロー製やアイオーデータ製のものは 動作確認済なので安心といえますが、ちょっと高いという場合は、それ以外のメモリーか中古のメモリーとかになります。

メーカー製パソコンの場合 断言はできませんが エルピーダ、Samsung、Hynixなどメジャーチップのものや、トランセンド、エリクサーのものは大体大丈夫ではないかと思います。

対応メモリーで ×2とかいうメモリーはデュアルチャネル対応なので 上記のように同じメモリー2GB×2とすることで若干ですがさらに効果が得られます






コメントを残す



サブコンテンツ