LANを分岐するハブ

ハブが使われるのは、会社や事務所などが圧倒的に多いです。

家庭用で使われることはそれほどありません。

どういう時に使われるかというと、ルーターのポートがすべて埋まっているときなどです。

ルーターとハブの違い

ルーターとハブは、LANポートがいくつかあって外観はそれほど違いがないような感じですが、性能や役割は異なります。

ルーターは、一種のコンピュータのようなものです。

まずIPアドレスを持っています。そしてルーターが起点となってネットワーク内のすべての機器にIPアドレスを振り分けを行います。またログインしてインターネットの設定なども行うことができます。プログラムが内蔵されている多機能な機器です。

それに対してハブは、単にLANを分岐するという役目だけです。スイッチングハブという一般的に市販されているハブにはIPアドレスはありませんし、ログインして何か設定するわけでもありません。

ハブはLANを分岐するという、ルーターの一部の機能を持っていて、ネットワーク内でルーターを補完する役割があると考えればいいでしょう。

ポートが足りない時に使用される

ハブが使われるのは、主にパソコンや周辺機器をネットワークに参加させる際にルーターのポートがすべて埋まっているときなどです。

パソコンや周辺機器が多い会社や事業所でよく使われるというのはこうした理由です。もちろん家庭用でも使われることはあります。

インターネット環境があるところでは、どこでも見ることができるようになったルーター。

ルーター

ルーターのLANポートがすべて埋まっている状態。パソコンやネットワークプリンターで使われています。

ルーターのLANポート

こうした時に便利なのが、ハブです。

ハブ

ハブの裏側。LANポートがいくつかあります。

ハブの裏側

ハブは電源を入れて使用します。

電源供給

先ほどのルーターLANポートがすべて埋まっているルーターです。LANポートをひとつ空けます。

LANポートを空ける

このLANポートとハブを繋ぐため 1本 LANケーブルが必要になります。

LANケーブル

ルーターからのLANケーブルをハブに繋ぎます。ルーターからのLANケーブルは、必ずこのポートに繋がなければいけないという決まりはありません。基本的には後で分かるように最も若い番号がいいでしょう。

ハブにつなぐ

このようになります。

ルーターとハブ

残りのポートには、先ほどルーターから抜いたLANケーブルや他のパソコンや周辺機器などを繋ぎます。IPアドレスの割り当てなどはすべてルーターが勝手にしてくれますので、特別に何か設定する必要もないのです。

パソコンや周辺機器をつなぐ

リンクが確立するとランプが点灯します。複数のポートを使っても同時にインターネット出来たりネットワーク共有できたりします。

リンクの確立

このようにLANポートが足りない時に、ハブを追加するだけでさらに多くのパソコンや周辺機器を追加することが出来ます。


ポート数

ハブにはポート数があります。

LANケーブルをいくつ繋ぐことができるかの違いです。

接続したいパソコンやネットワーク機器、また将来的に増えるであろう機器を想定してポート数を選びます。

ハブの主なポート数は 5ポート、8ポート、12ポート、16ポートなどがあります。

ギガビット対応

ギガビットというのは、データ転送速度のことです。通信速度 1Gbps=1000Mを指します。1000BASE-Tともいいます。

以前は 10/100Mbpsまでの対応のハブが多かったのですが、最近ではルーターやハブなどネットワーク機器の多くがギガビット対応になってきています。

体感できるほどの違いがあるかどうかは使い方・用途にもよりますが、接続機器が多かったり、ネットワーク内でのデータのやりとりが多い場合は、ギガビット対応のものにしたほうが適切です。

インテリジェントハブとスイッチングハブ

ハブには インテリジェントハブとスイッチングハブの2種類あります。

一般的に使用されるのは、スイッチングハブとよばれるものです。ネットワーク管理機能を搭載したハブをインテリジェントハブといい大規模なネットワークを構築する際などに使用されるものです。

通常使用では スイッチングハブを選びます。

筐体

ハブにはプラスチック製のものや金属製のものがあります。

使用すると分かるのですがハブは多少発熱があります。

プラスチック製のものに比べると 金属製のものは熱を効果的に排出することができます。

接続機器が多かったり、ネットワーク内でのデータのやりとりが多い場合は、金属製のものにしたほうが適切です。


メーカー

ハブには バッファロー、ロジテック、IO DATA、NETGEARなどがあります。どこのメーカーもLANケーブルが1本付属品として入っていることがほとんどです。

Amazon スイッチングハブのベストセラー

今回使用した バッファロー製のハブ。