ネットワークにおける共有方法

複数台のパソコンがネットワークにあると、ファイルやフォルダの共有ができます。

会社や事業所ではよくこの共有が使われています。

共有の設定をしていると、ネットワーク内でデータのやりとりができて便利です。

ここでは基本的なネットワークにおける共有方法について紹介しています。

ネットワークアイコン

まずネットワークのアイコンを開きます。

アイコン

このアイコンは、デスクトップに表示させることができます。

ネットワーク内のコンピュータ

ネットワーク内のコンピュータが表示されます。

周りのコンピューターや周りの自分のコンピュータ、ネットワーク機器が表示されます。

ネットワークのコンピュータ

パソコンは コンピューター名が表示されます。例としてここでは、

  • USER7-PC・・Windows 7(今使用しているパソコン)
  • USER8-PC・・Windows 10(他のパソコン)
  • USER-VAIO・・Windows 7(無線接続の他のパソコン)

になります。

このようにネットワーク内のパソコンが表示されるのが第一歩となります。

ホームネットワークと社内ネットワーク

ネットワークを開いてもコンピュータが表示されていないなら 設定ができていないことになります。

Windows Vista以降のパソコンでは ネットワークもしくはインターネットに接続するとよくウィザード画面が出てきます。

ホームネットワーク、社内ネットワーク、パブリックネットワークのどれにするかというものです。

ネットワークのコンピュータ

ネットワークで共有の設定をするなら ホームネットワークか社内ネットワークのどちらかを選択します。

ホームネットワークと社内ネットワークは それほど大きな違いはありませんが、社内ネットワークのほうが使いやすいです

ホームネットワークにした場合は 「ホームグループ」を作成できます。

ホームグループの作成

一番はじめにホームネットワークでホームグループを作成したパソコンにパスワードがあります。

2台目以降 ホームネットワークに参加する場合はそのパスワードを入力します。

切り替え

ネットワークアイコンの右クリックプロパティもしくはコントロールパネルからネットワークと共有センターを開き、現在のネットワークのところをクリックすると変更することができます。

ネットワークの設定

Windows 8.1、10では 社内ネットワークはありません。プライベートネットワークになっていれば 社内ネットワークと同じとなります。


共有の詳細設定

ネットワークの設定では 共有の詳細設定という箇所があります。

ネットワークアイコンの右クリックプロパティもしくはコントロールパネルからネットワークと共有センターを開きます。

ネットワークと共有センター

ホームまたは社内。Windows 8.1、10ではプライベートネットワークです。

ホームまたは社内

詳細設定を適切に変更します。

詳細設定

パブリックフォルダとは

パブリックというのは 公衆とか 人目につくという意味があります。

つまりパブリックフォルダというのは共有フォルダです。

XPを使用していた時に 共有フォルダがありましたが、それと同じです。

XP

WindowsのOSでは 予め共有しやすいように 共有用のフォルダ、パブリックフォルダを用意していて ネットワークを構築した時点で共有されるフォルダになります。

なのでこのフォルダにデータを入れれば 基本的にデータの共有はできるというわけです。

Windows 7、8.1、10ではパブリックフォルダは Cドライブ→ユーザー→パブリックにあります。

パブリックフォルダ

デフォルトでは 有効になっていますが、別途共有フォルダを作成するのなら 無効にしても問題ありません。

パスワード保護共有

この項目は 無効にしたほうが使いやすいでしょう。

有効にした場合は ネットワークでアクセスしたときに ユーザー名やパスワードを入力しなければなりません。

パスワード保護共有

つまりこのように聞いてくるということは、アクセス先のパソコンのパスワード保護共有が有効になっているということです。

ライブラリー

またホームグループにするとこのような画面が出てきます。

ホームグループのウィザード画面

これもパブリックフォルダに非常に似ているのですが、チェックを入れて進むと そのフォルダがホームグループでは自動的に共有されるようになっています。

ただし他のパソコンから このフォルダはデフォルトでは読み取りのみになります。

他のパソコンから

各パソコンの設定をしたら 実際にアクセスしてみます。ネットワークアイコンから他のパソコンにアクセスすると Userというフォルダがあります。

パブリックフォルダ

先ほど説明したパブリックフォルダがあります。デフォルトの共有フォルダです。

このフォルダ内ではデータをコピーしたり読み書きすることができます。

デフォルトの共有フォルダ

一般的な共有方法

ホームグループでも社内ネットワークでも、フォルダを右クリックして共有の設定をします。

フォルダを右クリック→共有→特定のユーザー。

右クリック

社内ネットワークでは Guestを選択して 追加。

詳細な共有

読み取り/書き取りにチェックを入れます。

共有するにチェック

最後に共有をクリック。

変更

他のパソコンからネットワークアイコンを辿っていくと 作成した共有フォルダが見れます。

他のパソコン

デスクトップ上に ショートカットアイコンを作成すれば、毎回ネットワークアイコンを辿らずに すばやくアクセスできます。

ショートカットアイコン

共有フォルダのショートカットだと分かるように、「共有フォルダ」とか「shere」などの名前に変更しておくこともできます。

名前の変更

当然のことですが、データへのアクセス・読み書きができるのは、共有フォルダのあるパソコンの電源が入っているときだけです。