メール設定の基本

パソコンで電子メールを利用するためには、メールソフトが必要になります。

WindowsにはOSごとに標準でメールソフトが搭載されています。それらのメールソフトを使用するのが一般的です。

Windows標準のメールソフトには下記のものになります。

  • Windows XP・・・Outlook Express
  • Windows Vista・・・Windows メール
  • Windows 7、8・・・Windows Live メール

Windows 7から登場したWindows Live メールは、Outlook ExpressとWindows メールの後継ソフトにあたり、マイクロソフトからフリーでダウンロードして使用することができます。Windows XP、Vista、8でも使用できます。

上記以外に、Microsoft Officeに付属しているMicrosoft Outlookでもメールを使用することができます。この場合、パソコンにMicrosoft Officeがインストールされていることが条件です。

XP・Vistaなら合計3種類のマイクロソフトのメールソフトが使用できます。どのメールソフトでもメール機能については差異はありません。メール設定の方法も同じです。機能や操作方法が一部異なります。

メールの設定には、メールアドレスやパスワード、サーバーなどの基本情報が必要になります。通常これらの情報は、契約しているプロバイダなどの用紙に記載されています。




Outlook Express

Windows XPに標準搭載のOutlook Express アウトックエクスプレスの設定は、そのままWindows メールやWindows Liveメールに継承されているので、メール設定の基本といえます。

メール設定は、基本的にプロバイダから郵送されてるIDやパスワードの用紙があれば簡単にできます。メール設定の際に必要な情報はこの用紙にまとめて記載されています。

用紙がどうしても見つからない場合はプロバイダのホームページでログインすると自分のメールアカウントやパスワードなどが確認できることもあります。

メールソフトはスタートメニュー→すべてのプログラムから開きます。ここではOutlook Express。次回から起動しやすいようにデスクトップにショートカットアイコンを作成しておくといいでしょう。
すべてのプログラム

メールソフトを初めて起動した場合は、ウィザード画面が表示されます。

相手がメールを受信したときに表示される名前を入力します。相手に分かるように自分の名前が一般的ですが、ニックネームや会社名、屋号など。ひらがな・漢字・アルファベットなど自由に選択できます。後から変更もできます。
送信者名

メールアドレスを入力します
メールアドレス

受信メールサーバーと送信メールサーバーを入力します。プロバイダの用紙に記載されています。
メールサーバー

アカウント名とメールパスワードを入力します。これもプロバイダの用紙に記載されています。
設定

これで入力は終わりです。

送受信をクリックしてみます。何もエラーが出なければ設定は無事にできています。自分のメールアドレス宛にメールを作成し送受信してテストすることも可能です。自分から自分にメールを送信して表示者名などが問題ないか確認してみましょう。
送受信

送受信でエラーが出た場合は、設定を見直します。
メールアドレスの新規・追加の設定や設定の変更・訂正などは、ツール→アカウントで可能です。
ツール

メールアドレスの新規作成・追加はメール→追加。設定変更はメール→プロパティ。
プロパティ

この画面になるので、ウィザードで入力した名前や値を変更できます。
プロパティ

Windows メール

Windows Vista搭載の標準メールソフトも設定方法は、Outlook Expressとほとんど同じです。

スタートメニュー→すべてのプログラム→Windowsメール。
Windowsメール

ツール→アカウントでメールアドレスの新規作成・追加・設定変更を行います。
アカウント

新規作成は追加。(変更はプロパティ)
追加

電子メールアカント。
電子メール

ウィザードに従い設定を行います。(Outlook Expressと同じです。)

Windows Live メール

Windows Live メールには、XP用とVista,7用の2種類あります。下記はXP用のWindows Live メールの設定方法です。基本的にOutLook Express、Windowsメールと同じです。

ツール→アカウント。
Windows Live メール

追加。設定の変更は、該当の電子メールを選択してプロパティ。

電子メールを選択して次へ。

電子メールアドレス、メールパスワード、表示名など必要事項を入力します。

受信サーバー、送信サーバーの情報を入力します。

以上で終わりです。

Windows Live メールは、左側にアカウントが作成されます。

Windows Live メール 2011

Windows Live メール 2011は、Vista,7,8です。XP用のWindows Live メールの後継にあたり設定や操作方法はほとんど同じです。見た目は若干異なります。

パソコンにWindows Liveメールがインストールされていない場合は、Microsoftからダウンロードします。

スタートメニュー→すべてのプログラム→Windows Live メール
Windows Live メール

初回起動時はそのままウィザード画面が出るので設定できます。それ以外の場合は、アカウント→電子メール。

電子メールアドレス、メールパスワード、表示名など必要事項を入力します。

受信サーバー、送信サーバーの情報を入力します。

以上で終わりです。

Windows Live メールは、左側にアカウントが作成されます。

設定変更は、左上ボタン→オプション→電子メールアカウント。

設定変更はプロパティ。アカウントの追加は追加。

設定変更画面。間違いや変更があれば入力し直します。

Microsoft Office Outlook

Microsoft Office Outlookは、Officeがインストールされているパソコンで使用できます。バージョンがいくつかありますが、起動方法や設定方法はほとんど同じです。(ここではOutlook 2003)

スタートメニュー→すべてのプログラム→Microsoft Office Outlook。
Outlook

ツール→電子メールアカウント。
電子メールアカウント

プロバイダやドメインなど一般的なメール設定は、POP3を選択します。
POP3

新規作成・追加か既存のアカウントの変更を選択します。
POP3

Outlook ExpressやWindowsメールと同じく、メール設定を行います。入力後アカウント設定のテストでメールの送受信ができているかどうか確認できます。エラーが出て送受信に失敗したら設定を見直します。
入力

メール設定は終わりです。
POP3

スタートメニューに表示する

使用しているメールソフトのリンクをスタートメニューに表示するには、スタートメニュー上で右クリック→プロパティ。
プロパティ

スタートメニュー→カスタマイズ
カスタマイズ

全般タグで表示させたいメールソフトを選択してOK。
全般

スタートメニューに使用しているメールソフトのリンクが表示されます。
メールソフトのリンク




メニュー