閲覧履歴や検索履歴、フォーム入力情報を残さない

ブラウザを使用すると履歴が残ります。

どのページを見たかという閲覧履歴や検索履歴、またIDやパスワードなどフォームへ入力した場合は、これも残ることがあります。

今回はインターネットの閲覧履歴や検索履歴、フォーム入力履歴を残さずにインターネットをする方法を紹介します。

パソコンを共有利用しているときや、どうしても他のパソコンで会員サイトにログインしたり クレジット情報・個人情報などを入力したりする際は、できるだけ履歴は残したくないということも多いと思います。

あとから履歴を消すという方法はもちろんあるのですが、予め履歴を残さないで使う方法を知っておくと便利です。

いずれのブラウザでも非常に簡単に行うことができます。


IE

ブラウザを起動させ、ツール→InPrivate ブラウズをクリック。

もしくは右上の設定アイコン→セーフティ→InPrivate ブラウズ。

メニューバーがない場合は キーボードのAltキーを押せば出てきます。

Inprivateブラウズ

InPrivate ブラウズ(インプライベート ブラウズ モード)でIEが起動します。

もともと起動していたIEは間違わないように閉じたほうがいいでしょう。

InPrivate ブラウズ

アドレスバー横にマークが付いています。この状態でインターネットをすると 履歴は一切残らないようになります。

マーク

ブラウザを一度でも閉じれば、InPrivate ブラウズ モードは終わります。

閲覧の履歴、インターネット一時ファイル、フォームデータ、Cookie、ユーザー名、およびパスワードなどの履歴は残りません。

Firefox

ブラウザを起動させ、右上設定ボタン→新しいプライベートウィンドウ。

プライベートブラウジング

ここからの閲覧はすべて履歴が残らないようになります。右上に紫のマークが出ます。

マーク

IEと同じく 一度でもブラウザを閉じればプライベートブラウジングは終わりです。

Chrome

ブラウザを起動させ 設定マーク→シークレットウィンドウを開くをクリックします。

設定

別ウィンドウでシークレットウィンドウが開きます。左上にマークが付いているのが特徴です。

シークレットウィンドウを開く

Chromeの場合も、他のブラウザと同じでブラウザを閉じると終わります。