ルーター設定の基本を知る

インターネットの接続方法は、ルーターでの接続とパソコンでのPPPoE接続とがあることは紹介しました。

プロバイダのID・パスワードが、ルーターに入力されているのか、パソコンに入力されているのか?の違いです。

最近では、回線事業者やプロバイダなどルーター接続が基本となりつつあり、モデムにルーター機能が付くことが増えてきました。パソコンで接続設定するというケースは少なくなっています。

ルーターを導入するメリットは、大きく2つあります。セキュリティの強化と複数台PCの接続です。

有線ルーターと無線LANルーターは同じルーターになります。

無線LANルーターは、通常の有線ルーターに無線機能が付いているものになります。

ルーターの設定は プロバイダのIDとパスワードがあれば可能です。

ここではバッファローの有線ルーターを例として、ルーターを使用したインターネットの接続方法を紹介したいと思います。

ルーターのメーカーが違っても基本的な接続方法はほとんど同じです。

方法

1.配線
モデムからLANケーブルを繋ぎます。モデムからのLANケーブルは一番下です。WANとかInternetとかかれたところになります。1つだけ色が異なるポートになっていることもあります。

モデムから

モデムとパソコンをLANケーブルを繋ぎます。ルーターの空きポートが4つありますが、ここがパソコンや周辺機器用になります。どこに接続しても構いません。

パソコンヘ

2.ルーターにログインする
ルーターというのは、一種のコンピューターです。ロムチップが内蔵されていて設定を書き込んだり記憶したりしています。ルーターにログインして各種設定ができるのです。

ルーターにログインする場合、バッファローなら添付CDのIP設定ユーティリティを起動します。

IP設定ユーティリティ

探索中

ルーターの選択

もしくはブラウザにアドレスを入力して ログインすることもできます。コマンドプロンプト→ipconfigと入力→Default Gatewayのアドレスがルーターのアドレス。

ipconfigコマンド

ルーターのアドレス

ブラウザにアドレスを入力してEnter。

ブラウザに入力

ルーターログイン画面。

親機

ルーターには、IDとパスワードを入力します。バッファローの初期値はだいたい root となります。メーカーによってIDとパスワードは違います。マニュアルに記載されています。

設定画面を開く

2.ルーターでの設定

ルーターにログインしました。どこのメーカーのルーターもウィザード画面が用意されているのでそれに従うといいでしょう。使用している回線などから選んでいきます。

ウィザードに従わず手動で行うこともできます。PPPoE設定という箇所を探します。バッファローでは、アドバンスト。

アドバンスト

WANポート→PPPoE設定→新規接続先を入力する。

PPPoE

プロバイダーのユーザー名(ID、認証IDなど)とパスワードを入力します。接続先名称は自分で分かるように適当に入力します。入力後→設定。

入力

ログアウトして、ブラウザを起動してインターネットに接続できているかどうか確認します。


IPアドレスを調べる

ルーターというのは、デフォルトゲートウェイの役割があります。

自宅や会社にしろルーターが1つあると、そこが外部のネットワークと内部のネットワークの出入り口となります。

内部のネットワーク(自宅や会社)の1台1台にIPアドレスを割り当てていきます。これをDHCP機能ともいいます。

ルーターのIPアドレスや使用しているパソコンのIPアドレスは、ipconfigで簡単に調べることができます。

通常は、192.168.0.1や192.168.11.1など末尾が1となっていることがほとんどです。

その前の 192.168.0.1や192.168.11.1の部分は、ルーターのメーカーによって異なると覚えておくといいでしょう。

自宅や会社のネットワーク内のパソコンは必ずこのルーターのIPアドレスを起点に自動でIPアドレスが割り当てられるようになっています。

またルーターのIPアドレスは、ブラウザのURL入力欄に入力すれば、ルーターにアクセスし管理画面に入っていけるようになっています。

ルーターの初期化

ルーターには初期化するスイッチが付いています。初期化すると今までの設定はすべて消え購入時の状態に戻ります。

設定をはじめからからやり直す場合などに使用します。初期化する方法は管理画面から行う方法と本体の初期化ボタンを押す方法とがあります。

初期化ルーターにログイン→管理画面→初期化/再起動→設定初期化。

リセットボタン本体底面などにある初期化・リセットボタン。

DIAGランプ長押しすると DIAGランプが点滅・点灯を開始します。起動するまで数分待ちます。

様々なルーター

回線事業者やプロバイダ提供のルーターでも 行うことは同じでプロバイダのIDとパスワードを入力します。

ルーターにはID(ユーザー名)とパスワード、IPアドレスの初期値があります。

CTUNTT光回線のルーター(左)。CTUともいいます。アクセスIDとパスワードは別途NTTの書類に記載されています。

IPアドレス: 192.168.24.1
ログインアドレス: https://ctu.fletsnet.com/

NTT隼NTT光回線のルーター PR-400NE。ONU、光電話アダプタ、CTUが1つになっています。

ID: user
パスワード: user
IPアドレス: 192.168.1.1
ログインアドレス: 192.168.1.1

バッファローバッファロー製ルーター BHR-4GRV。

ID: root
パスワード: なし
IPアドレス: 192:168.12.1
ログインアドレス: 192.168.12.1

CATV回線

J-COMやCATV(ケーブルテレビ)などの回線は、モデムのみでインターネット接続が確立しており、パソコンやルーターでのPPPoE接続はありません。

基本的にケーブルテレビ回線でもルーターの導入は可能です。

ルーターの管理画面内で PPPoEではなく 「DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得」にします。

CATV回線の場合は 通常のインターネット回線とは少し仕組みが異なるので 正常に動作しない、しばしば使えなくなるということもあるようです。

使用している回線がCATVの場合は 念のためルーターが使えるかどうか?機種に制限はないか?設定は簡単にできるかどうか?を確認しておいたほうがいいでしょう。


ルーターの選び方

1.メーカー
有線ルーターはいくつかのメーカーが出しています。どれにするかは好みの問題になってきますが、有名で人気があるところでは、バッファローやアイオーデータのものがあります。

2.転送速度
ルーターには転送速度があります。スループットともいいます。転送速度はインターネット速度やネットワーク内でのファイルのやり取りでも関係してきますので、速い方がメリットは多いといえます。

最近では、Gigabit(ギガビット)に対応したLANポートが付いたルーターも出てきています。

Gigabit対応のルーター。最大転送速度 約500Mbps。

バッファロー エントリーモデル 有線ルーター。