離れたところからLANにアクセスする

VPNとは、バーチャル・プライベート・ネットワークの略です。

VPNは、近年需要が高まっており、主に企業・法人・事業所・ビジネス用途で導入が進んでいます。

バーチャルは仮想という意味で、プライベート・ネットワークはLANのことです。

LANは 社内LANや家庭内LANなどですね。

直訳すると 仮想的なLAN、仮想LANという意味合いになります。

具体的にVPNでどのようなことができるのか紹介したいと思います。

事業所間を結ぶ

例えば 東京に本社がある会社で、名古屋に支社があるとします。

東京本社には もちろん複数台のパソコンがありLANが構築されています。

社内LANではよくあることですが、LAN内にネットワークディスク・NAS(ナス)やサーバーなどがあり 業務で使われるデータが入っていることがほとんどです。

マイネットワークを開けば ネットワークディスクやサーバーにアクセスできます。

名古屋の支社にも パソコンが何台かありLANが構築されています。

ここでですが、

名古屋からも東京本社の業務データにアクセスしたい、NASやサーバーにあるデータを使いたいとします。

東京と名古屋で同じデータを共有して使うということです。

この時 もっとも効果的なのが、VPNになります。

VPNVPN専用のルーターを使い LANをつなぎます。

VPNを導入すると 東京と名古屋の社内LANを統合して ひとつのネットワークにすることができます。


例えば 名古屋のパソコンから 東京のパソコンやNAS・サーバーなども通常のLANと同じように表示され 容易にアクセスできるようになります。

またパソコン間でのファイルやデータのやり取りも できるようになります。

物理的には 距離もありますし、本来はLANをつなぐことはできないのですが、VPNという技術を使えば可能になります。

LANとLANをひとつに繋ぐ、LANとLANを接続するということです。

出先のパソコンからLANに入る

VPNには LANとLANを結ぶという以外に もうひとつよく使われている用途があります。

先程の続きですが、

東京や名古屋に ノートパソコンを持った営業の人や長期で他県に出張しているような人が 何名かいるとします。

出先で仕事することが多く 会社にいることが少ないという人です。

出先から東京本社にある業務データにアクセスしてデータを使いたいとします。

こうしたときにも VPNは役立ちます。

ノートパソコンノートパソコンにVPN用の設定を行えば 出先のどんなところからも LANに入り共有データにアクセスすることができます。


LANに入るLAN内のパソコンの共有フォルダやサーバーにアクセスすることができます。


こうした使い方は 在宅勤務などでも役立つことがあります。

このようにVPNには LANとLANを結ぶ、出先からLANに入ることができます。


リモートアクセス・クラウドとの違い

主にネットワークディスクやNASには リモートアクセスという機能があります。

よく知られているのが リンクステーションやテラステーションのWEBアクセス機能です。

一般的にこれらリモートアクセスのできるネットワークディスクやNASでは ルーターのポート開放という作業を行わなければなりません。

データを編集するという場合、WEBアクセスでは 一度パソコンにダウンロードして編集、その後アップロードというかたちになります。

環境によっては ダウンロードもアップロードもスピードが非常に遅いということもあります。

またクラウド型サービスも データを一度ダウンロードして編集、その後アップロードということがほとんどです。

この点 VPNはLANに入っている状態になりますので サーバーにアクセスして 通常のLAN内のパソコンからと同じように ダイレクトにアクセス・編集ということができます。

リモートアクセスやクラウド型サービスに比べると スムーズなデータアクセス・編集が可能といえるでしょう。

頻繁にデータにアクセスする、書き換え・編集する、データを保存するという場合は VPNのほうが効率的です

VPNの種類

大きく分けると VPNには2種類あります。

インターネットVPNとIP-VPNです。

  • インターネットVPN・・・一般のインターネット網を使う
  • IP-VPN・・・ クローズドVPNともいいます。通信事業者の専用回線・閉域網を使う

インターネットVPNでは 主にIPsecという暗号技術が使われます。

カプセル化、トンネリングという言葉が出てくるように 一般のインターネット網でも暗号化され保護されます。

一方 IP-VPNは MPLSという技術が使われています。

インターネットVPNでは それぞれの拠点が違う回線でもいいのですが、IP-VPNでは同じ回線にする必要があります。

同じVPNではあるのですが やや仕組みが異なるのです。

VPN導入方法

VPNの導入は その会社・事業所の規模に合わせて行うことができます。

インターネットVPNにするか?IP-VPNにするか?など。

インターネットVPNでは YAMAHAのVPNルーターを使った方法はよく知られています。

VPN導入に必要なものは 拠点間・LAN間を結ぶ VPN専用のルーターです。

先程の例でいいますと 東京と名古屋を結ぶなら それぞれひとつづつ VPN用のルーターが必要です。

また出先や出張先から LANに入るには それぞれのパソコンにVPN用のソフトウェアをインストールします。

会社や拠点が1つで 出先や出張先のパソコンから使うという場合は VPN用のルーターは1つで 出先や出張先のパソコンにVPN用のソフトウェアをインストールします。

拠点間を結ぶこともできますし、ひとつの拠点に対して外部の複数のパソコンからLANに入るということもできます。


関連情報