2.4GHzと5GHzの違い

無線LANには、電波が使わています。

昔から無線LANでは、2.4GHz帯の電波が使用されてきました。そして最近では 5GHz帯の電波も使用するようにもなりました。

2.4GHzと5GHz この2種類の電波が 無線LANでは使用されます

そのため無線LAN機器にも2.4GHzに対応しているものと、2.4GHzと5GHzの両方に対応しているものがあります。

5Ghzのみに対応した機器というのは基本的にほとんどありません。

多く普及しているのは 2.4GHz帯のみに対応している無線LANルーターです。

2.4GHz

無線LANルーターで一番よく利用される電波帯域。無線LANルーター以外にも、電子レンジ、コードレス電話、無線のマウス・キーボードBluetoothなどでも使用される帯域なので、電波干渉が起きやすいといわれています。

2.4Ghzは、13チャンネル用意されていますが、これらのチャンネルは少しずつ重なる部分があり、全く重ならない部分は 実質 3チャンネルになります。無線LANルーターが密集しているようなところでは、複数の無線LANルーターの電波が混在しこれも電波干渉が起きることもあります。

電波干渉が起きると、通信速度が遅い、接続できないなどのトラブルにつながります。

5GHz

無線LAN以外では、使用されることが少ない電波帯域。結果として電波干渉が起きにくく安定した通信が可能です。

5Ghzのチャンネルは、19チャンネルあり、それぞれがテレビのチャンネルと同じように独立しています。2.4GHzとは違い、まだまだ空きが多い帯域です。

電波状況を調べる

都市部で集合住宅が多いところで、会社や事務所が多いところでは、2.4GHz帯に無線LANの電波が密集しているということも珍しくありません。

こうした無線LANに加えて、電子レンジ・コードレス電話・Bluetoothなども重なることになるので無線LANでインターネットが満足にできないということもあります。

フリーソフトを使用すると 現在 2.4GHz帯に無線LANがどれだけあるかというのを調べることもできます。無線子機が付いているパソコンで可能です。

非常に多いという場合は、5GHzのものを検討すべきかもしれません。

製品の見分け方

2.4GHzのみ対応か、2.4GHzと5GHzの両方に対応しているかは製品によって異なります。

1つ目は製品の仕様書やパッケージで確認する方法があります。

パッケージ主要書やパッケージには対応周波数が2.4GHz、5GHzなどと記載されています。この例では 2.4GHzの無線LANルーターです。


2つ目は、a、n、g、bのどれが使われているかで2.4GHz対応か、2.4GHz・5GHzの両方に対応か知ることができます。

これは電波の規格・転送速度を表すのですが、11aや11n/aが使われているということは、5GHz帯に対応している無線LANルーターということになります。単純に「a」が入っているかどうかです。最近では 11a/cも出てきています。

電波n、a、g、bなどが使われていれば2.4GHzと5GHzのルーターになります。aが入っているかどうかで分かります。


BUFFALO 無線LANルーター 11n/g/b(2.4GHz)。

BUFFALO 無線LANルーター 11ac/n/a/g/b (2.4GHz・5GHz)。


5GHzは子機側の対応も必要

電波干渉が少ない5GHzですが、受信するためには子機側の対応も必要となります。

パソコンやスマートフォンの仕様書で 11a/g/b/nなど 無線LANルーターと同じく「a」が入っていれば 5GHzの電波を受信できます。

もし子機側が対応していない場合は、2.4GHzでの受信になります。

パソコンや受信機器の仕様書などで調べることができます。

デバイスマネジャーデバイスマネジャーのネットワークアダプタ。内蔵無線子機の型番にAGNなど受信できる電波の規格が付いているので分かることもあります。


パソコンのマニュアルパソコンの説明書・カタログなどに無線子機がどの電波の規格に対応しているか記載されています。他には仕様書などもあります。


パソコンに無線子機が付いていない場合は、子機を増設します。

11n/g/b(2.4GHz)対応の無線子機。

11ac/n/a/g/b(5GHz)対応の無線子機。

モバイルルーター

モバイルルーターモバイルルーターは パソコン・スマートフォン間と無線通信を行います。

無線LANルーターと同じく 2.4GHzや5GHzを使います。


モバイルルーターの仕様書やマニュアルなどで 2.4GHzのみ対応か、2.4GHz/5GHz 両方対応か知ることができます。

スマートフォン・タブレット

スマートフォンやタブレット、他にゲーム機など無線の電波を受信できる機器には 必ず2.4GHzのみ対応か、2.4GHz/5GHz 両方対応かというのがあります。

やや古い機器やゲーム機では 2.4GHzのみ、最近のスマートフォンやタブレットでは2.4GHz/5GHz両方対応という傾向があります。

具体的な例でいいますと 以下のようになります。

スマートフォン

  • iPhone 4・iPhone 4S・・・2.4GHzのみ
  • iPhone 5s・iPhone 5c・・・2.4GHz/5GHz 両対応
  • iPhone 6・iPhone 6 Plus・・・・2.4GHz/5GHz 両対応
  • Xperia SO-02B・SO-03C・・・2.4GHzのみ
  • Xperia SO-02E・SO-03F・・・2.4GHz/5GHz 両対応
  • Zenfone 5・・・2.4GHzのみ
  • Zenfone 2・・・2.4GHz/5GHz 両対応

タブレット

  • iPad第四世代・第五世代・・・2.4GHz/5GHz 両対応
  • Nexus 5・Nexus 7・・・2.4GHz/5GHz両対応
  • MeMO Pad 7・MeMO Pad 8・・・型番により2.4GHzのみか両対応
  • Kindle Fire・・・型番により2.4GHzのみか両対応

ゲーム機

  • Nintendo Wii・Wii U・3DS・・・2.4GHzのみ
  • SONY PS3・PS4・PS Vita・・・2.4GHzのみ
  • MS Xbox・・・2.4GHzのみと考えられます

自分の使用している機器が 2.4GHzのみか2.4GHz/5GHz両方に対応しているかは 仕様書やメーカーホームページで知ることができます。


関連情報