基本的な用語や機能を覚える

無線LANの利用は、以前に比べると非常に増えましたね。

無線LANの通信速度の向上やセキュリティが強化され、無線LANで使用する機器が高性能で安価になったというのもあります。

無線LANに関しては パソコンのみならず スマートフォンやタブレット、モバイルルーターもほとんど同じ考えです。

無線LANを始めるにあたっては、いくつか専門の用語が出てくるのでそれを覚えておくといいしょう。

Wi-Fi

Wi-Fi(ワイファイ)という言葉は、パソコン以外にもスマートフォン、タブレット、ゲーム機などでも出てくる言葉です。

機器を無線で接続することを Wi-Fiといいます。無線LANという言葉と全く同じです。

ルーター

ルータールーターというのは、重要な言葉です。

ルーターは、インターネット接続設定を行ったり、複数台のパソコンや周辺機器を接続できるという特徴があります。


無線LANルーターというのは、無線機能が付いたルーターという意味になります。

厳密には無線LAN親機には、無線LANルーターと無線LANアクセスポイントの2種類あります。ただし無線LANルーターが、ルーターモード・アクセスポイントモードの切り替えができるので、市販されている無線親機のほとんどが無線LANルーターです。

ルーター機能のないアクセスポイント専用のものは、無線LANアクセスポイントといわれ少数ではありますが市販されています。

モバイルルーターというのは、持ち運びができるルーターと言う意味です。

モバイルルーターは 通常のルーターのように 機器に対するインターネット設定は基本的に必要ありません。無線ルーターと同じく 複数台のパソコンやスマートフォンを同時接続することができます。

アクセスポイント

無線LANルーターアクセスポイントとは、無線LANの電波を発信している機器もしくは場所を指します。

無線LANルーターのルーター機能をOFFにして使うモードを、ルーターと違いが分かるようにブリッジモード、アクセスポイントモードと呼ぶことがあります。

モデム→ルーターモード、ルーター内蔵モデム→アクセスポイントモードとなります。

ルーターは接続されている機器へ IPアドレスの割り当てを行います。

ブリッジモードやアクセスポイントモードは単純に無線の電波を発信している(中継器)だけなので ルーターのようにIPアドレスの割り当ては行っていません。

ブリッジモードやアクセスポイントモードで使用する場合は、手動でIPアドレスを設定するか、大元のルーターから自動的に設定されるかになります。


SSID

SSIDSSID(エスエスアイディー)とは、無線LAN機器(アクセスポイント)やモバイルルーターから出ている電波の識別名です。

パソコンやスマートフォンから接続しようとすると、受信している電波が表示されます。


どの電波が自分の無線機器からの出ているものか分かるように 機器それぞれに固有の名前が付いています。通常は英語や数字の組み合わせです。

無線ルーター、アクセスポイントでの設定変更で、名称を変更することができます。

MACアドレス

MACアドレスとは、ネットワーク機器(パソコンや周辺機器)のひとつひとつに付けられている識別番号です。無線LANの設定ではしばしば目にすることも多いと思います。

MACアドレススマートフォンやタブレットにもMACアドレスはあり、Wi-Fi MACアドレスともいいます。


MACアドレスを使用して、無線LANへの接続を限定しセキュリティを高めることができます。つなげることができる機器を制限するわけです。これを MACアドレスフィルタリングといいます。

ただし通常の無線LANの設定ではあまり使うことがありませんし、必ず必要というわけでもありません。

AOSS

AOSS(エーオーエスエス)は、バッファロー製の無線LANの接続の際に出てくる言葉です。無線LANの接続を、自動で簡単に行うことができる機能です。この場合、無線LANルーターはもちろんですが、パソコン側の無線子機もAOSSに対応している必要があります。

AOSS無線LANルーターやアクセスポイントのAOSS設定用のボタンや管理画面で設定することができます。


バッファロー製の機器を使用した無線LANの設定は、手動で行うかAOSS(自動)で行うかを選ぶことができます。

他のメーカーの機器では、名称が異なるだけでだいたい自動設定は用意されています。


関連情報