ベアボーンって何?

ベアボーンという言葉も聞いたことがあるのではないかと思います。

パソコンショップに行くと、たまにベアボーンとかベアボーンキットがおいてあったりします。

ベアボーンは、英語で barebone とかきます。bare=中身がない、最小限のという意で、bone=骨、骨組みという意味です。

なので最小限の中身がないパソコン、半製品のパソコンという意味になります。

実際にベアボーンのパソコンはどういうふうになっているのかというと、PCケース、電源、マザーボードで構成されています。

パソコンを動かすためには、CPU、メモリー、ハードディスク、OSなどがまだ足りないわけですね。これは自分で好みのものを取り付けることになります。

BTOパソコンでは、パーツを選択してパソコンショップなどで構成が決まり任せておけばいいのですが、ベアボーンはあくまで、PCケース、電源、マザーボードのセットになります。

他のパーツは、自分で用意して組み立てるということです。OSインストールも自分で行います。

Mini-ITX

どこのパソコンショップやメーカーでも、ベアボーンのパソコンは、PCケース、電源、マザーボードで構成されています。

最近の傾向として、フルタワーやミニタワーなどのベアボーンではなく、キューブ型、省スペース型、スリム型など小型のPCケースにマザーボードと電源を取り付けたベアボーンが多くなっています

こうした小型のケースの場合は、特に電源が小型のものでショップでは単体で販売されていることがあまりないので、初めからPCケースと電源がセットになっていて、かつマザーボードも付いているという感じです。

ATXやMicroATXの規格ではないということですね。Mini-ITXといわれる規格になります。特にキューブ型や省スペース型では、Mini-ITXのマザーボードが使用されます。

ただCPUやメモリーは、通常のATXやMicroATXで使用するものと同じなので、それほど極端に違いがあるわけではありません。グラフィックボードも大きいものは難しいですが、短めのものやロープロファイルのものなら取り付けができるようになっています。


小型・スリム型

また他には、かなりスリム型のベアボーンというのもあります。

これはキューブ型や省スペース型のものをさらに小型化したものでマザーボードにCPUが直付けされています。IntelのAtomなど省電力CPUなどが使われています。

省電力、ファンレスのパソコンなどです。

こうした小型PCケースのベアボーンは下記のメーカーが出しています。

  • GIGABYTE
  • Shuttle
  • ECS

NUC

Mini-ITX、スリム型の他にNUC という小型PCもあります。

NUC ナックとは Intelの提唱するネクスト・ユニット・オブ・コンピューティングの略で、手のひらサイズのパソコンです。

101.6×101.6mmサイズのマザーボードが使われており、Mini-ITXよりもさらに小型化した規格です。

基本的にベアボーンにて販売されていて OSインストールなどは自分で行います。

液晶ディスプレイの背面に掛けて使うこともできます。

キューブ型、省スペース型、スリム型、NUCなどに共通していることは、ケースが小さくてユニーク、かわいらしいというのがあります。そして省電力です。

これらのベアボーンセットは主にパソコンパーツ店でもあるBTOパソコンメーカーが取り扱っています。

通常のパソコンよりかかなり小型なものが多いのですが、パワーよりも省電力・業務で効率的に使えるものとして一定のニーズがあります。

スリム型のベアボーンも、CPUは元々マザーボードに付いているので新たに取り付ける必要はありませんが、メモリーやハードディスクおよびSSD、OSなどは自分で選択して組み合わせることが多いです。

こうしたパソコンにベアボーンが増えてきているのが最近の傾向です。


関連情報