自作パソコンのBIOSとUEFI

BIOSとは、マザーボードに搭載されているプログラムです。

基本的なハードウェアの制御を行っており、OSをインストールしなくても画面に入ることができます。一般的は、パソコン組み立て後に BIOSでハードウェアの状況を確認する、OSをインストールするために起動順位を確認するなどの目的で、BIOS画面に入ります。

BIOSには、主にAMIとAwardという2つのプログラムに分かれます。AMIとAwardは設定画面やメニューが少し異なるだけで、実際に設定出来る項目はほとんど同じです。

BIOSの後継、拡張されたファームウェアが、UEFIです。第二世代、第三世代のCore iシリーズの時期からマザーボードに実装されています。近年の自作パソコンのマザーボードは、ほぼ UEFIになっています。

BIOS

BIOSは、起動時に Deleteキーなどを押して入ります。操作は基本的にキーボードのみで行います。

AMI AMI。

AMIは、Main、Advanced、Power、Boot、Exitなどのメニュー項目があります。


AwardAward

BIOS画面を開くと、メニュー画面が一覧表示されるのが特徴です。

UEFI

今までのBIOSに代わる新しいプログラムです。Deleteキーなどで入ります。概ねマウスでも操作できるようになっています。

UEFIASUSマザーボード。EZモード。


アドバンスドモードで、従来のBIOSと同じように操作できます。

アドバンストマザーボードのメーカーによって、見た目のデザインや表示は異なります。

MBRとGPT

BIOSとUEFIの違いは、いくつかあります。そのひとつがMBRとGPTです。

HDDやSSDのディスクの先頭には、MBRかGPTというディスクのパーティション形式を規定する領域があります。

BIOSでインストールすると MBR、UEFIでインストールすると GPTになります。システムドライブのパーティション形式は必ずこのようになります。前者をBIOSブート、後者をUEFIブートともいいます。

言い換えれば、現在の起動ドライブが、MBRならBIOS、GPTならUEFIということも分かります。

Windowsのディスクの管理などでMBRかGPTを確認するか、パーティションに EFIシステムパーティションがあれば UEFIです。

EFIシステムパーティションEFIシステムパーティションがあれば、UEFIブート、GPTパーティションです。


デバイスマネージャデバイスマネージャ→ディスクドライブ→該当のハードディスク→ボリューム→表示。

パーティションのスタイルが、MBRかGPTになります。


msinfo32Windows 8や10なら Windowsの検索窓で msinfo32と入力しシステム情報で、BIOSモードがレガシーならBIOS、UEFIならUEFIです。


BIOSとUEFIに対応する MBRとGPTは、Windowsのインストールされたドライブに当てはまります。増設するドライブは、MBRやGPTが混在することもあります。

パソコンによっては、UEFIを搭載していながら、BIOS/MBRでインストールしているということもあります。

CSM

BIOSは、UEFIに代替されてつつあり、レガシーBIOSともいいます。

UEFIはBIOSを拡張したものです。したがって BIOSの機能を含んでいます。BIOSの機能を含んでいるというのは、UEFIではなく、従来のBIOSのモードでOSをインストールすることができるということです。

考え方としては、UEFIを無効にすれば 主としてBIOSの機能で動作するということになります。またBIOSを無効にすれば、UEFI対応のデバイスのみで動作します。UEFIが古いタイプのデバイスをサポートする機能は CSMともいいます。

具体的に、例えば ASUSのマザーボードでは、CSMの起動デバイスの項目に、UEFI/レガシーとあります。この状態で、Windows 10のインストールディスクを入れたら、UEFIマークの付いた光学ドライブと何もマークの付いていない光学ドライブが表示されます。

前者でインストールすれば、UEFIインストール、後者でインストールすれば BIOSでのインストールです。これは要するに、UEFIでインストールするか、BIOSでインストールするか選ぶことができるということです。

UEFIを搭載しているマザーボードで、BIOS/MBRになっている場合は、BIOSでインストールしていることになります。

CSMの設定を無効、あるいは 起動デバイスの項目を、UEFIだけにするとUEFIマークの光学ドライブのみ表示されます。レガシーだけにすると 通常の光学ドライブだけが表示されます。

しかし、UEFI搭載マザーボードでBIOSモードを使って OSをインストールするというのは、ほとんどないと考えられます。UEFIの方が起動速度も速いからです。

マザーボードのデフォルト設定は、概ねUEFIインストールができるようになっていますが、メーカーや型番などによって、CSMが無効になっていることもあれば、有効になっていることもあります。

セキュアブート

旧タイプ、BIOSで動作していたような光学ディスクは、UEFIでは起動しないため、これらを起動させるためには、起動順位変更で UEFIマークの付いていない光学ドライブを選びます。

もし起動しないという場合は、セキュアブートを確認します。セキュアブートは、外部の光学ディスクなどからの起動をさせないための機能です。

セキュアブートが有効の場合は、CSMが有効であっても起動できません。例えば ASUSでは、UEFIモード・非UEFIモードとなっており、UEFIモードが有効、非UEFIモードが無効です。この項目についても、近年のマザーボードのデフォルト設定は非UEFIモードになっています。

このセキュアブートは、設定項目にUEFIモードとありますが、UEFIインストールやUEFIブートとは直接的な関係はないということです。セキュアブートは、あくまでUEFIの機能のひとつということになります。

セキュアブートUEFIブート、セキュアブート無効。


自作パソコンにおけるUEFIは、特にCSMやセキュアブートが軸になっているともいえます。イレギュラーなことやトラブルは、大抵このCSMとセキュアブートに関連する部分になると考えられます。

UEFIインストール

UEFIでOSをインストールすることを、UEFIインストールともいいます。インストールされたOSは、UEFIブートになります。

UEFIは、UEFIに対応したディスクから起動します。Windows 7やWindows 10の64bitのディスクは、UEFIインストールができます。しかし Windows 7は、基本的にマザーボードのCSMは有効である必要があります。

UEFIマーク例えば、ASUSのマザーボードではインストールディスクを入れると、UEFIマークの付いた光学ドライブが出てきます。

ここから起動するように起動順位を変更すれば、UEFIインストールが始まります。


UEFI対応インストール後のストレージには、UEFIマークが付きます。UEFI対応のストレージになります。


マザーボードのメーカーや機種にもなりますが、近年のマザーボードは概ね UEFIでインストールされるようにデフォルトで設定されています。


関連情報