CPUソケットの種類

CPUには対応したソケットというが決まっています。

CPUソケットというのはマザーボードのCPU取り付け部分にある部品のことです。

「LGA1155のマザーボード」「LGA1150のマザーボード」というふうに CPUソケット名とセットで呼ばれることもあります。

また CPUも 決まったソケットにしか取り付けることはできませんので、

「LGA1156のCPU」のように CPUソケット名を付けて呼ばれることもあります。

CPUにもマザーボードのパッケージにも 必ずソケット名は記載されています。

CPUとCPUソケットは規格が必ず一致していないと装着することはできません。

CPUを選択するときは、CPUソケットが何なのか?そのソケットを持つマザーボードは何か?というふうになります。

Intel

IntelのCPUに対応したCPUソケットは以下のものがあります。。

LGA1151は 現時点での最新のCPUソケットです。ソケット478は一昔前のCPUソケットです。

  • Core i 第六世代・・・LGA1151(2015年)
  • Core i 第五世代・・・LGA1150
  • Core i 第四世代・・・LGA1150、LGA2011-v3
  • Core i 第三世代・・・LGA1155、LGA2011
  • Core i 第二世代・・・LGA1155、LGA2011
  • Core i 第一世代・・・LGA1156、LGA1366
  • Core 2 Quad ・・・LGA775
  • Core 2 Duo・・・・LGA775
  • Pentium Dual Core・・・LGA775
  • Celeron Dual Core・・・LGA775
  • Pentium D・・・LGA775
  • Pentium 4・・・ソケット478、LGA775
  • Celeron D・・・ソケット478、LGA775

現在は Core iシリーズになっていますが、ソケット478以外は いまでもまだ使われいます。

Core 2 QuadというCPUがLGA775で、その後に始まったのが、Core iシリーズです。

一般的に普及しているCPUソケットは、

LGA775LGA1156LGA1155LGA1150で、一部のハイエンド向けのCore i7では、LGA1366、LGA2011、LGA2011-v3が使われています。

これは 自作パソコンに限ったことではなくて、メーカー製のデスクトップパソコンでも同じです。CPUソケットとCPUは同じものになります。

ノートパソコンの場合は、モバイル用のCPUとソケットになるので、別の規格です。

数字はピンの数を表しています。数字が大きい世代が新しいというわけでもありません。

ソケット478Intel ソケット478。一昔前のCPUソケットでCeleron D、Pentium 4の時に使用されていました。ソケット側が穴になっていてCPU側がピンになっています。ピン数 478ピン


LGA775Intel LGA775。Celeron D、Pentium 4、Pentium D、Core 2 Duo、Core 2 Quadなど長きにわたり使用されているCPUソケットで、CPUソケット側がピンになりCPUに接するようになっています。ピン数 775ピン。


LGA1156Intel LGA1156。第一世代 Core i3、Core i5、Core i7などで使用されるCPUソケット。ピン数 1156ピン。


LGA1136Intel LGA1366。Core i7 900番台(第一世代 Core iシリーズの上位CPU)でのみ使用されるソケット。ピン数 1366ピン。


第二世代のCore iシリーズと第三世代 Core iシリーズは、CPUソケットが今までのLGA1156からLGA1155と変更となりました。

LGA1155LGA1155。Sandy Bridge世代ともいいます。

LGA1156とピン数が一つ違うだけで見た目も似ていますが、CPUソケットの切り欠けは異なります。互換性はありません。


Ivy BridgeLGA1155。Ivy Bridge世代ともいいます。


2013年に登場したのが、HaswellというアーキテクチャのCPUで、第四世代 Core iシリーズです。CPUソケットは新たに LGA1150が採用されています。

2015年に、SkylakeというCPUとともに LGA1151も登場しました。


切り欠け

マザーボードのCPUソケットには CPUがきちんと収まるように CPU側に切り欠けがあります。

IntelIntelのCPUソケットとCPU。

間違って取り付けたりというようなことが ほとんど起きないようになっています。

AMD

IntelとAMDとでは、Intelのほうがシェアが高いのですが、

AMDも CPUとマザーボードのCPUソケットの組み合わせがあるのは 同じです。

AMDのCPUに対応したCPUソケットは下記のようになります。

  • Athlon・・・Socket A
  • Duron・・・Socket A
  • Athlon 64・・・Socket 754、Socket 939
  • Athlon X2 (Athlon 64 X2)・・・Socket 939、Socket AM2
  • Phenom・・・SocketAM2+
  • Athlon II・・・SocketAM3
  • Phenom II・・・SocketAM2+、SocketAM3

Socket AAMD Socket A。別名 Socket 462とも言われます。Athlon XP、Duron、Sempronなどで使用されていました。


SocketAM2+AMD SocketAM2+。Athlon X2、Phenom、Phenom IIで使用されます。Socket AM2と互換性があります。


SocketAM3AMD SocketAM3。Athlon II、Phenom IIなど最近のCPUで使用されるCPUソケット。Socket AM2+の後継のCPUソケット。形状は類似しています。

ソケットが同じでも取り付けできないことはある

CPUソケットが同じでも、取り付けできないことはあります。

正確には 取り付けはできるのですが、マザーボードがCPUを認識しない、パソコンとして動作させることができないというものです。

これには もうひとつチップセットが関係してきます。

これもマザーボードにある部品といいますか、取り付けされている集積回路なのですが、そのチップセットによって、対応するCPUが何か?というのが決まっているのです。

基本的に ソケットが同じであれば取り付けできることがほとんどなのですが、チップセット次第では決まったCPUしかサポートしていないということもあります。

通常 自作パソコンにおいては、チップセットとCPUの対応を先に考えます。

対応していれば 必然的にCPUソケットは同じになります。


CPUソケットを調べる

メーカー製パソコンや自作パソコン、BTOパソコンでも、今使っているパソコンのCPUソケットを知りたいということは多いと思います。

フリーソフトを使用する、使用しているパソコンのCPUソケットの規格を調べることができます。