増設ハードディスクの設定方法

自作パソコンやBTOパソコンでは 増設ハードディスクが付いていたり、自分で増設したということがあります。

Windowsには 電源オプションという設定があり、一定時間使用していない時は ディスプレイの電源をOFFにしたり システムドライブをスリープ状態にする機能があります。

増設したハードディスクも Windowsのデフォルトの設定で 一定時間操作が行われない時は 電源がOFF(スリープ)になります。

増設したハードディスクが スリープになるのを解除したい、頻繁にアクセスするので 常に電源をONにしておきたいという場合は Windowsで設定を変更するといいでしょう。


電源オプションから設定

システムドライブ(上:SSD)と増設したハードディスク(下)

増設したハードディスク

コントロールパネルの電源オプション。

電源オプション

プラン設定の変更。

プラン設定の変更

詳細な電源設定の変更。

詳細な電源設定

ハードディスクの項目で設定することができます。電源をOFF・スリープにしないなら 0分にします。

ハードディスクの設定