自作パソコンではオフィスをどうするか?

パソコンでWord・ExcelなどMicrosoftのOfficeを使うという人は結構多いです。

仕事用で使ったり 添付されたファイルを開いて見たり ちょっとした文書作成や表計算をしたりと様々です。

OSをインストールしたら Officeも使えるというわけではありません。

同じMicrosoftですが、Officeは別途用意する必要があります。

自作パソコンに限った話ではないのですが、新たに買ったパソコン、譲り受けたパソコン、中古パソコンにOfficeが入っていないということはしばしばあります。

Officeを必ず使うという人、たまに使う・使えたら助かる、全く使わないというパターンに分かれてくると思いますが、いくつかの方法を紹介します。

OpenOffice

たまに使う、使うかもしれないという方は、OpenOfficeという方法もあります。

OpenOfficeというのは MicroSoftのOfficeとある程度の互換性があるフリーのソフトウェアです。

なのでお金がかからずに インストールして使用することができます。

できることは 文書作成、表計算、プレゼンテーション、図形描画、データベース、数式などです。

Microsoftであてはめると 文書作成→Word、表計算→Excel、プレゼンテーション→PowerPointなどになります。

完璧な互換性とはいえない部分もありますが、基本的にはMicrosft Officeで作成されたものを OpenOfficeで開くことはできます。

OpenOfficeで作成したものを Microsoft Office形式で保存することができるということです。

無料とはいえ 会社や公官庁などでも使用されていることもありそれなりに実用性はあるソフトです。

他に似たような フリーのソフトウェアとして、LibreOfficeがあります。

Office Online

Microsoftが開始した新しいサービス。

Office Onlineは、オンライン上で Officeのファイルを開いたり編集したりすることができます。

やや動作が遅く、機能に制限がありますが、ファイルを確認したり・編集したりするなど最低限の機能があります。

MicrosoftのクラウドサービスであるOne Driveにあるファイルを扱うことができます。

Office Onlineは Microsoftアカウントが必要ですが 無料で使うことができます。


Kingsoft Office

より互換性が向上していて機能も多いのが Kingsoftの提供するOfficeです。

Microsoft Officeと非常に近い仕上がりになっています。

見ため・拡張子なども ほぼ同じです。

ある程度Officeを使う、完璧さは求めないがほどほどに使えるものがほしい、低予算でインストールしたいという方には適しているかもしれません。

大手の中古パソコンショップなどでは よくこのKingsoft Officeを使用しています。

もともと中古パソコンにインストールされていたり、プラス数千円で追加インストールすることができます。

KINGSOFT Office 2016 Personal。

KINGSOFT Office 2016 Complete Edition

Office 365

Microsoftの一年ごとに更新するタイプのOffice。

Office 365は、PowerPointやAccessが入っている割にパッケージ版より安く OneDrive 1TBなどの付加サービスもあります。

ダウンロード・インストールでは Microsoftアカウントが必要になります。

Microsoft Office

パッケージ版のOfficeです。

Officeは OSに付属しているソフトではないので 使用したいという場合は 別途Officeを購入する必要があります。

サポート期限内で問題なく使用できるのは 2007、2010、2013、2016です。

Officeの使用頻度が高い、仕事用でも使うという方は Microsoft Officeをインストールして使うことが多いようです。

ただよくいわれるように 価格がやや高めというのはあります。

なので自作パソコンにおいて Officeを使うという場合は、あらかじめOfficeのソフトウェア代も考えてパーツ構成を練る必要があるといえます。

Microsoft Office Personal 2016。Word、Excel、Outlook。

Microsoft Office Home and Business 2016。Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote。

最新版の2016は パッケージにプロダクトキーのみが入っていて ソフトウェア本体は Microsoftからダウンロードするという形になっています。

またライセンキーが PC2台まで使用出来るというのも特徴です。

Officeには、昔でいうと Personal版とPro版という区分があります。2013や2016では、Personal版とHome and Business版、Pro版があります。

Word・Excelのみか、PowerPoint、Accessも付いているかどうか?という違いです。2013以前のOfficeでもこのような区分はありますので、PowerPointやAccessなどWord・Excel以外のものを使う方は選ぶ際に間違わないようにします。

Officeそのものの見ため・操作感も 2013からはやや刷新されています。