パソコンを構成する基本パーツ

パソコンの自作に取り掛かる場合、それぞれのパーツがどういうものであるか簡単に紹介しています。

自作パソコンでは下記のパーツが使用されます。

これらのパーツが自作パソコンでは必要となってきます。またメーカー製パソコンでも形やデザインは違っても同じです。パソコンを構成している基本パーツになります。

PCケース

PCケース PCケースはATX型とMicroATX型に大別されます。

このどちらにするかによって、電源とマザーボードが決まってきます。大きさによっていろいろなケースがありますが、基本はミドルタワーとミニタワーです

まずパソコンをおくスペースの問題があります。大きすぎるのはそもそもおけないとか、省スペースにしたいとか。

それと拡張性の問題です。小さいケースではあとからボード類を増やそうとしても物理的にできないこともあります。

PCケースをミドルタワーにした場合、マザーボードはATXとMicroATXのどちらでも使用することができます。ミニタワーのケースを選択した場合、マザーボードは、MicroATXしか使用することはできません。電源は、ATXでも使用できることがほとんどです。

またPCケースには初めから電源が付いているものと付いていないものがあります。電源が付いていないケースは、別途電源を用意する必要があります。

PCケースは、内部の空間の広さや拡張性もあるミドルタワーのほうが人気があります。またミニタワーよりミドルタワーのほうが、ケースの種類が多く価格が安いということがあげられます。

電源

電源電源ユニットといいいます。

選択したPCケースに電源が付属しているかどうかで、電源を別途用意するかしないかになります。


電源の付いていないケースの場合、電源を用意します。

電源はほとんどATX電源といわれるものが使われます。それぞれ電源によって電源ケーブルの種類や数が違っていたりします。

マザーボード

マザーボード マザーボードは、ATXかMicroATXに大別されます。

ケースがミドルタワーならどちらのマザーボードでも選択できます。ケースがミニタワーなら、MicroATXのマザーボードを選びます。


そしてATXかMicroATXか決まったら、次はIntel用のマザーボードかAMD用のマザーボードの選択になります。要するに搭載するCPUがIntel社製かAMD社製かによって、マザーボードも異なるわけです。

Intel製のCPUを搭載するなら、Intel用のマザーボードを。AMD社製にするならAMD用のマザーボードを使用することになります。

またIntel用のマザーボードといっても、すべてのIntelのCPUが適合するわけではありません。ある程度、型式が決まっています。CPUソケットと呼ばれるものです。マザーボード選びはCPU選びと平行して行ういうことが大切です。

マザーボードは、ASUSやギガバイト、MSIなどが有名です。またIntel製チップセット(Intel製 CPU対応)のマザーボードが人気があります。

CPU

CPU CPUはマザーボードに対応したものを選びます。

Intel製のCPUを搭載するならIntel用のマザーボードを。AMD社製にするならAMD用のマザーボードを選びます。


CPUもマザーボードと同じく Intel製のものが人気が人気があります。

CPUは マザーボードとCPUソケットが一致するものを選びます。マザーボードがLGA1150ならCPUもLGA1150のものにします。

自作パソコンにおいては CPUのラインナップが多く 性能や価格差があるため、まずはどのCPUにするか選び 次にマザーボードを選ぶという方法が一般的です。

メモリー

メモリー メモリーはマザーボードに対応したものを選びます。

現在の規格はDDR3と呼ばれるもので、数年前に比べ1枚あたりの容量も増えているのが特徴です。


2枚1組で用意して使うのが一般的です。2GB×2枚、4GB×2枚、4GB×4枚、8GB×2枚などがよく使われます。

マザーボードの箱などに対応メモリーが記載されているので、そのメモリを選択するだけです。

ハードディスク

ハードディスク ハードディスクは接続タイプにIDEとSATAがありますが、現在の主流はSATAです。ハードディスクはSATAタイプを選択します。


ハードディスクは容量にも種類があります。160GB、250GB、320GB、500GB、1TB、2TB(テラバイト)などです。製造メーカーもSeagate、Hitachi、WDなどあります。

基本的にマザーボードにはどの容量 どのメーカーのハードディスクでも付けることができます。ハードディスクは数年前と比べ価格は大幅に下がっています。

最近では SSDの登場により ハードディスクはシステムドライブとしてではなく セカンドドライブ・データドライブとしての役割が増えてきています

SSD

SSD SSDは システムドライブ(OSをインストールするドライブ)としては主流となりつつあります。

接続タイプは ハードディスクと同様 SATAです。


多くの自作パソコンの雑誌などでも SSDを標準で使用する動きが加速しています。

動作速度や使用感がハードディスクより格段に優れているためです。

SSDにしたほうが パソコンを使う上で待ち時間が大幅に減るので他のパーツの性能も最大限に引き出せるというメリットがあります。

ハードディスクと比較すると SATAⅢでの性能差はさらに歴然としています。



光学ドライブ

光学ドライブ 光学ドライブは、ハードディスクと同じく接続タイプにIDEとSATAがありますが、現在の主流はSATAです。これからパソコンを自作する場合は、SATAタイプになります。


ハードディスクのように SATAⅡやSATAⅢなどの区分けは特にありません。

DVDマルチドライブ(DVDの読み書き)かブルーレイドライブ(DVDとBRの読み書き)のいずれかの選択になってきます。

グラッフィックボード

グラフィックボード グラフィックボードはビデオカードともいいますが、自作パソコンにおいては必ずしも必須のパーツというわけではありません。


どういうときにグラフィックボードが必須になるかというと、2画面や3画面のマルチディスプレイ、動画編集、処理の重い3Dゲームなどをしたい時です

サンディーブリッジという内蔵グラフィックを搭載したCPUが登場して以降、ATXもMicroATXのマザーボードも出力端子を複数もつものが増えてきました。

以前は、ATXタイプは画面出力端子がないことが多くグラフィックボードを増設して使用するという傾向が高かったのですが、最近ではATXマザーボードでもほとんど画面出力端子が付いています。

通常のゲームやWEB閲覧・動画視聴という使用用途ならグラフィックボードを増設する必要は特にないでしょう。

OS

OS パソコンを動かすにはOSが必要です。現在選択できるOSは Windows 7、Windows 8.1、Windows 10になりますが、 現在 生産・販売されているのは Windows 10です。


エディションや32bit・64bitの違いがありますが、Windows 7以降は 64bitのほうが人気があります。

サウンドカード

サウンドカード

グラフィックボードと同様、サウンドカード(オーディオカード)も自作パソコンでは必須ではありません。むしろ付けないことがほとんどです


マザーボードにサウンド機能が付いているため、通常の動画・音楽などはオーディオカードはなくても十分です。

ゲームなどで高音質な音を楽しみたい、ホームシアターのように楽しみたいという場合はオーディオカードを増設することでよりクリアで高品質な音を楽しむことができます。

液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイ 自作パソコンでは、液晶ディスプレイを自由に選ぶことができます。

正確にはパソコンパーツではなく 周辺機器の部類に入ります。


最近は高解像度で大型のディスプレイが増えてきています。21.5インチ、23インチ、27インチなどの1920×1080(フルHD)の液晶ディスプレイが主流となりつつあります。

マルチディスプレイ環境も比較的簡単にできるようになっています。