Open GLに最適化されたグラフィックボード

グラフィックボードは、NVIDIA GeforceとATI Radeonの2つが自作パソコンでは使用されます。

パソコンショップでもこのいずれかのGPUを搭載したグラフィックボードが店頭に並んでいますね。

インターネット、3Dゲーム、動画再生、画像編集など一般的なパソコン使用では、GeforceとRadeonが最適なのです。

GeforceとRadeon以外にもグラフィックボードはあります。

それが QuadroとFireproです。Quadroはクアドロ、Fireproはファイアープロともいいます。聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか

QuadroとFireproはパソコンショップなどではあまり見かけることはありません。このグラフィックボードがどういうものであるか少し紹介します。


通常のグラフィックボードと違うのか?

QuadroはNVIDIA、FireproはATIが開発・製造しています。

QuadroとFireproも構造や基本的な機能は、GeforceやRadeonと同じです。規格もPCI-Expressで見た目もあまり違いはありません。

自作パソコンでも増設して普通に使用することはできます。接続端子もVGAやDVIなのでマルチディスプレイなどもできます。

QuadroQuadro FXシリーズ。


一番違う点は、GeforceやRadeonが3Dゲームや動画再生などの DirectXに最適化されているのに対して、QuadroとFireproは、CAD、3DCG(3Dグラフィック制作)、デジタルコンテンツ作成などのOpen GLに最適化されているということです。CADや3DCGで使用される高性能なパソコンをワークステーションともいいます。

得意分野が違うということですね。どちらに特化しているかです。

BTOパソコンでは搭載モデルがある

QuadroとFireproは、CAD、3DCG、ビデオ編集・処理など高度な計算や複雑な演算などを行うソフトを使用する際に能力を発揮します。

自作パソコンに組み込むこともできますし、BTOパソコンメーカーでは、QuadroやFireproを搭載したモデルを初めから提供していることもあります。

パソコンのマザーボードやCPUなどの構成はほとんど変わらないのですが、グラフィックボードを中心にいくつかの構成をかえていますので、ワークステーション向けPC、クリエーター向けPCとして販売されています。

自作パソコンやBTOパソコンでもそうですが、目的が3Dゲームや動画再生などではなく、CADや3DCGなどの業務ソフトを使用するという場合は、GeforceやRadeonのグラフィックボードではなく、QuadroやFireproを使用するというのが一般的です。

GeforceやRadeonに比べると、QuadroやFireproのほうがやや価格が高い傾向にあります。QuadroやFireproは中古品などもよく見かけますので、そうした型落ちしたモデルを探すという方法もあります。