性能の指標

自作パソコンやBTOパソコン、パソコンパーツなどでは、ローエンド、ミドルレンジ、ハイエンドという言葉がよく使われます。

聞いたことはあるのではないでしょうか?

ローエンド、ミドルレンジ、ハイエンドは、そのパソコンやパソコンパーツの指標を示します。

英語になっているだけなので、和訳すると分かりやすくなります。

ローエンド→低いところ、ミドルレンジ→真ん中の範囲、ハイエンド→高いところ。

  • ローエンド・・最も性能の低い、低価格な製品群
  • ミドルレンジ・・性能と価格のバランスをとった中堅クラスの製品群
  • ハイエンド・・高機能・高性能で上級者むけの製品群

という意味合いになります。

性能や価格の指標になるので、このいずれかの言葉が付いているかでそのパソコンやパソコンパーツの大体の性能などが分かるようになっています。

パソコンパーツ

パソコンパーツでこの言葉が使われるのは、主にグラフィックボードです。他にはCPU、マザーボードやHDD、SSDもあります。

グラフィックボード
グラフィックボード グラフィックボードでは、やはり性能や価格が断然違ってきます。

ローエンドのグラフィックボードは、通常のパソコン操作、マルチディスプレイ、動画再生支援、簡単なゲームなどに適しています。

ミドルレンジのグラフィックボードでは、一般的な3Dゲームなどもできるようになっていてローエンドに比べるとできることが広くなるといえます。

ハイエンドのグラフィックボードでは、高機能なのでそのシリーズのグラフィックボードの性能を最大限に利用できると考えていいでしょう。

実際には、ローエンドからハイエンドまで幾つかの製品があり、ローエンドとミドルレンジの間のもの、ミドルレンジとハイエンドの間のものなどもあります。

CPU
CPU ハイエンドなCPUというのもあります。

かなり性能のよいCPUです。

例えばCore i7は主流の製品は4コアなのですが、ハイエンドな製品として6コア・8コアのものがあります。

この場合、CPUソケットも違ってたりします。LGA2011やLGA2011-v3とかです。

価格もやや高くなります。一般のメーカー製パソコンではまず見ません。

パソコンショップやBTOパソコンメーカーでは 単体の商品として、あるいはBTOパソコンとして用意していることがあります。

一般消費者でハイエンドPCを使いたい人向け、また業務用・開発用、サーバー、研究・学術などで高度な計算が必要なパソコンなどに搭載されていたり使われたりします。

マザーボード
マザーボード ハイエンドなCPUを搭載できるマザーボードがそれです。

上記のCPU LGA2011、LGA2011-v3のCPUソケットを持つマザーボードはハイエンドです。

正確には マザーボードに搭載されているチップセットが 特別仕様になっています。

またソケットは主流のものであっても、機能が豊富で堅牢な作りであったりするハイエンドなマザーボードもあります。

こうしたマザーボードもあまりパソコンショップにおいてある感じではありません。マザーボードの型番も少し特殊な感じであったりします。

HDD
HDD ハードディスクではあまり使われることはありません。というのもハードディスクは自作パソコンでは、主に5400回転~7200回転のものが使用されるからです。

ローエンドというのもありません。容量が多いか少ないかというのはあります。

パソコンショップにあるものは、ほとんどミドルレンジのものといっていいでしょう。

10000回転のハードディスクなどが、ハイエンドといわれることがあります。回転が速いので読書速度も早く、性能も高いといえます。ただ一般的にはあまり使用されることはありません。サーバーなどでよく利用されます。

SSD
SSD SSDもハードディスクと同様、ほとんどがミドルレンジのものといっていいです。容量の多い少ないというのはあります。

SSDは、通常の製品よりワンランク上のものがしばしば販売されています。

読み書き速度がより高速なものです。

具体的に言いますと Intel 730 シリーズ、750 シリーズなどがそれです。パソコンショップではほとんど見ることはありませんが、ハイエンドなBTOパソコンに使われることはあります。

高性能を求めるユーザー、研究・開発、サーバーなど特殊な用途で使われます。


メインストリームとは

メインストリームという言葉もしばしばパソコン雑誌などに登場します。

メインストリーム→主要な流れになります。主流という意味です。

主流の商品、定番の商品、人気があり一番売れている商品ということになります。

主流・定番の商品なので、性能と価格のバランスがとれているミドルレンジのものがメインストリームになってきます。

BTOパソコンにしろパソコンパーツにしろ、やはりミドルレンジのものが一番人気があります。

BTOパソコン

パソコンショップなどのBTOパソコンで、ローエンド、ミドルレンジ、ハイエンドという製品群がありますが、性能が違ってくるので価格も違ってきます。

同じような構成であっても、CPUやメモリー、ストレージ(HDD、SSD)、グラフィックボードの構成などが違うので、ローエンドではできないことがハイエンドではできるとかはあります。

どれがいいのかは、予算やパソコンでどういうことをしたいかによって決めることになります。

エントリークラスとは

エントリークラスというのは、ローエンドやミドルレンジの製品群に近い意味合いがあります。

言葉の意味としては、低価格で高性能、入門的という感じです。

BTOパソコンで使われることが多い言葉で、はじめてBTOパソコンを購入する人に向けた 低価格でそれなりの性能がある入門的なパソコンという感じで捉えておくといいか思います。

周辺機器などでも エントリークラスという言葉はしばしば使われます。これも初めて使う方向け、初心者向けという意味が強くなります。

コンシューマ向け

一部のパソコンパーツには雑誌などで コンシューマ向けと記載されていることもあります。

コンシューマとは 一般消費者という意味で、誰でも気軽に購入できる商品だといえます。

それに対して エンタープライズ向けという言葉が出てくることもあります。

エンタープライズとは 大企業という意味で コンシューマとは対義語になります。あまり一般的には市販されていない商品であることがほとんどです。

CPUのXeonが 企業向けのCPUです。サーバーや業務・開発用途で使われます。

コンシューマ向けやエンタープライズ向けという言葉は主にCPU、HDDやSSDで使われています。